ブライトリング・ウィングウォーカーズ体験会が、日本で開催できた理由 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ブライトリング・ウィングウォーカーズ体験会が、日本で開催できた理由

イベント 試乗会

ブライトリング・ウィングウォーカーズ体験会が、日本で開催できた理由
ブライトリング・ウィングウォーカーズ体験会が、日本で開催できた理由 全 28 枚 拡大写真
2015年5月2日、「ブライトリング・ウィングウォーカーズ」が初来日を記念してメディア体験会を行った。

「ブライトリング・ウィングウォーカーズ」はスイスの時計メーカー”ブライトリング”がサポートする世界で唯一のエアショーチーム。「ウィングウォーク」という空の上で行うアクロバティックな演技で有名だ。


上下左右に回転しながら整然と並び、はたまた交差する2台の飛行機の翼上で、女性ダンサーが逆立ち、片足立ち、横回転などのポーズを次々と決めていく様が見所。

メディア陣が体験したのはブライトリング・ウィングウォーカーズが使用しているボーイング・ステアマン機の上部に座って空中遊覧することだ。日本で行われるのは初だが、イギリスでは399ポンドで提供されているという。

今後の日本での体験を提供するなどの事業展開について担当者に聞いたところ、

「日本でも広げて行きたいという思いはあるのですが、契約などの関係でなかなか難しい状態です。ボーイング・ステアマンはイギリスと関わりが深く、他の国では行いにくい状況にあります。今回日本で提供できたのも、実は裏があって、元々、ボーイング・ステアマンはアメリカのものなんです。そこで今回山口県の、岩国基地、つまりアメリカに権限がある場所だからこそ、今回の取り組みが行いやすかった、というのもあるんです。」

プロフィギュアスケーターの安藤美姫さんも参加した今回のイベント。どうしても「椅子に座って空を飛ぶ体験」をしてみたい方は、イギリスに行くというのが現実的な選択のようだ。

《大日方航》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)