東芝、メガネ型ウェアラブル端末を発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東芝、メガネ型ウェアラブル端末を発表

ウェアラブル ビジネス

重量は約50g、電源はUSBから供給される形となるため、可動時間はWindows端末もしくはモバイルバッテリー側に依存する(画像はプレスリリースより)
重量は約50g、電源はUSBから供給される形となるため、可動時間はWindows端末もしくはモバイルバッテリー側に依存する(画像はプレスリリースより) 全 2 枚 拡大写真
 東芝は、メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue<ウェアビュー> TG-1」を発表し、企業向けの受注受付を開始した。2月29日からの出荷を予定している。

 工場や倉庫などの作業現場で、手順やチェックリストを表示しながらハンズフリー作業を行うことなどを想定したメガネ型ウェアラブル端末となる。表示形式は右側固定の単眼で、1280x720の解像度を光学シースルー型バーチャルイメージ方式で表示。接続端子はHDMIとUSBで、市販のWindows端末と接続して使用する。

 作業現場以外にも、スポーツや観劇などエンターテインメント分野で端末を貸し出し、解説や各種データを表示させるといった用途も想定されている。BtoBでの販売となり、ユーザーがWindows用アプリケーションを開発する形となる。開発用のSDKなどは無償で、2月29日から同社webサイトで公開される予定だ。

東芝、メガネ型ウェアラブル端末を発表……作業現場のハンズフリー化を実現

《防犯システム取材班/小菅篤@RBBTODAY》

ブランドコンテンツ(PR)