寺島しのぶ、リオオリンピックで「わたしも燃え尽きた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

寺島しのぶ、リオオリンピックで「わたしも燃え尽きた」

イベント 文化

日本橋高島屋「ガレとドーム展 美しき至高のガラスたち」(8月31日~9月12日)初日イベントに登場した寺島しのぶ
日本橋高島屋「ガレとドーム展 美しき至高のガラスたち」(8月31日~9月12日)初日イベントに登場した寺島しのぶ 全 13 枚 拡大写真
日本橋高島屋のイベント『ガレとドーム展 美しき至高のガラスたち』の初日となった8月31日、女優の寺島しのぶさんが登壇。この夏の思い出について「公演中もリオ五輪一色でしたよ」と振り返り、「東京五輪は全競技見に行きたい!」と意気込んだ。

「もう、(五輪開催中の)わたしは眠気との戦いでした。2時間ぐらい眠れたらいいかなと。朝、仮眠とって、また大阪2公演する、の繰り返し。競技中継を夜観て、朝観てって、もう大阪公演中はヘロヘロでした。わたしも燃え尽きた」

「とくにどの競技が印象的?」という記者の問いに、「男子400mリレー」と即答した寺島さん。

「銀メダルを獲得したときは絶叫してました。リオ大会は、日本人の大逆転劇が多かったでしょ。眠いなって、でも寝ちゃったら負けちゃうなって思いながらがんばって観て。最後まで観てよかったなっていう試合が多くて。でも息子はボルト、ボルトって言ってましたけど」

4年後の東京五輪へ向けて、寺島さんはアスリートの気持ちになってコメントした。

「日本人の諦めない精神というのはすごいなと思います。アスリートから学ぶことが多いなって。4年後の東京大会は、いらぬプレッシャーもあるだろうし、メダルを獲らねばならないし。プレッシャーと戦う選手が、裏目にでなければいいなと。ネガティブに思っちゃったりも」

9月12日まで日本橋高島屋で開催される『ガレとドーム展 美しき至高のガラスたち』は、アール・ヌーヴォーの巨匠のひとりといわれるフランスのガラス工芸家、エミール・ガレと、彼の様式を受け継いだドーム兄弟の作品、約100点が展示されている。ガレは1800年代、「ジャポニスム」に強く影響を受け、日本に憧れを抱き続けたと伝えられている。入場料は大人800円、大学・高校生600円、中学生以下は無料。

《大野雅人》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)