【オビナタの世界放浪記】スペイン語を学ぶならここ!ボリビアの「スクレ」が住みやすい | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【オビナタの世界放浪記】スペイン語を学ぶならここ!ボリビアの「スクレ」が住みやすい

ライフ ハウツー

スクレ
スクレ 全 4 枚 拡大写真
ボリビアの憲法上の首都、スクレ。

16世紀に近郊の町、ポトシに銀山が発見されると、町は次第に行政機関などが配置され、重要な都市となっていった。

現在は最高裁判所が残る程度で、諸機関はラパスに移されてしまったが、だからこそゆったりと昔の面影を残す、住みやすい町となっている。町の法律によって壁はすべて白く塗られており、歩いているだけでも楽しい。世界遺産の町だということだ。



ボリビアを1ヶ月ほど旅行したが、個人的には住むならダントツにこの街だ。治安も非常によく、深夜に出歩いてもほとんど問題ない。生活費や食費も安い。

地元の人々が通う市場は非常に広く、色々なものを見ることができる。夜は閉まってしまうが、中では安く食事もすることができる。チョリソーがおすすめ。チョリソーサンドイッチや、サルテーニャの食べ歩きも可能だ。絞りたてのジュースも捨てがたい。





また、日本ではあまり知られていないようだが、町を歩けばスペイン語学学校が複数見つかる。この地でスペイン語を勉強してから南米を旅するバックパッカーも多いようだ。

複数顔を出し、手頃な価格で通える語学学校に私も通うことにした。簡単な英語でスペイン語を学ぶことができる。3学校ほど巡ってみたが、大体相場は同じだった。

先生と1対1のプライベートレッスンでは、1時間45Bs。(2016年9月時点で、1Bsはおよそ15円)グループレッスンはおよそ30Bsだ。

参考までに私が通ったのは「Bolivian Spanish School」。ゲストハウスと一緒になっている。キャンペーン期間中で、レッスンをとれば宿泊費が半額だったのでここに决めた。ちなみに宿泊費は55Bsの半額、一泊27.5Bs。先生は地元の大学でも教員を務めるベテランで、素晴らしい授業だった。

《大日方航》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)