滝川クリステル、インスタで動物保護…活用法を熱弁 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

滝川クリステル、インスタで動物保護…活用法を熱弁

イベント 文化

インスタグラム「#私と私の物語」ローンチイベントに登壇した滝川クリステル(2016年12月13日)
インスタグラム「#私と私の物語」ローンチイベントに登壇した滝川クリステル(2016年12月13日) 全 8 枚 拡大写真
フリーアナウンサーの滝川クリステルさんが12月13日、東京都内で行われたインスタグラムによる「#私と私の物語」のローンチイベントに登壇。自身のインタグラム活用法についてスピーチを行った。

「私、実はインスタグラム初心者なんですね。始めたのが8月なんです」と切り出す。10年ほどテレビの報道番組でキャスターを勤めたが、そこで自身がどうしても世間に伝えたいことが見つかった。主に動物の保護、殺処分などに関することだ。

「誰も発信していない動物たちの置かれている現状を、私は自分の立場を利用して伝えようと思いました。それが報道にたずさわっていたときに気づいたことです。そして報道でもそれを伝えていたんですけれども、毎日いろんなニュースがあるので、動物たちのことだけやるわけにはいかないんですよね」

嬉しい報告です^_^ 昨年から取り組んでいる「ボルネオproject」 ボルネオの生態系の頂点である、ゾウの命を繋ぐプロジェクト。 昨年、子ゾウのミルク代の支援のために 「ボルネオ保全トラスト・ジャパン」にデザインを監修させていただいたオリジナルチャリティアクセサリーの売り上げを寄附させていただきました。 そして、子ゾウが保護されているセピロク・オランウータン・リハビリテーションセンターから、粉ミルクが到着した、と連絡がありました。 黒いユニフォームを来ているのが現地の野生生物局職員で、ゾウの移動や保護・飼育を担当している方たちです。 ボルネオ保全トラスト・ジャパンとサバ州野生生物局、ニュージーランドのロータリークラブが手を組んで Fonterra社の粉ミルク 1.175トンをニュージーランドから子ゾウ保護施設まで送った、という流れです。 粉ミルク代は当財団からの寄付金78万円を全面的に活用いただき、航空輸送や現地の輸送についてはロータリークラブや野生生物局の協力を仰ぎました。 このプロジェクトは今後も継続していきます。こちらのアクセサリーをご購入いただくことで、支援につながります。購入はオンラインぺージからできます。 http://isetan.mistore.jp/onlinestore/fashiongoods/christel_vie_z_ensemble/index.html 新作もありますので、チェックしてくださいね。 是非、クリスマスのプレゼントなどにエシカルなjewelryはどうですか?(╹◡╹) #ジュエリー#エシカル#オランウータン#ゾウ#ボルネオ#チャリティ#クリスマス#クリスマスプレゼント#christelvieensemblefoundation #プロジェクトレッド#クリステル財団#滝川クリステル#takigawachristel #christeltakigawa#borneo#elephant#ethicaljewelly#ethical#biodiversity#mystory

滝川クリステルさん(@christeltakigawa)が投稿した写真 -


今日も保健所が”今必要している物資、支援”をリサーチ。今日は北海道を中心に。北海道はやはり広いだけ、保健所の数も多く時間がかかります。ただ、処分数もゼロになっていたり、10年前に比べかなり数が減ってきているところなど、以前に比べて歩調が揃い始めてきているような気がします。 チビも手伝い、ありがとう(╹◡╹)ちなみに、チビは福島の郡山市保健所からやってきました^_^ それも、保健所の職員のみなさんのおかげでチビも生きているんです。チビ、頑張って働こうね笑 #保健所#リサーチ#アニマルウェルフェア#一時預かり#フォスター#雑種#滝川クリステル#takigawachristel #christeltakigawa #animalwelfare #北海道#straydog#straydogs#rescuedog#rescuedogs#mystory

滝川クリステルさん(@christeltakigawa)が投稿した写真 -


そこで滝川さんが情報を発信するツールとして選んだのが、インスタグラムとFacebook(インスタグラムの親会社)だ。

「今までさらけ出してなかった素顔も出しながら、いろんな人に見てもらってそしてこの問題をみなさんに見てもらう。そのツールとしてこのインスタグラムを活用させてもらっています」


インスタグラムを利用することで動物保護に関する話はもちろん、仕事で出かけた海外の風景、ちょっと息抜きの1コマなど、これまでテレビでは見られなかった滝川さんの日常も紹介されている。

滝川さんは「憧れの人」として黒柳徹子さんを挙げる。黒柳さんも9月からインスタグラムを開始、インスタグラマーを中心に話題となった。

「黒柳徹子さんはすでに彼女自身がメディアなので、それをする必要はないと思っていたんですが、お会いしたらインスタグラムのコメントを一生懸命に読んでいました」

今日は、「徹子の部屋」の本番3本。 これは私の大好きな大判のストールこのストールの細かい刺繍のアップを写真に撮ってインスタにアップしようかな?と思ったんだけど、それでは、このストールの全体の柄が伝えられない。 それで、考えたのがこれ。 私が、刺繍のアップを撮ってるところを横から誰かに撮ってもらう。二重撮影みたいな感じ。 でも、私のスマホの刺繍のアップ効果はイマイチだった。 このストールの柄は、すべて手刺繍で出来てる!何色もの綺麗な色の糸でペーズリー模様を繊細に刺繍 冬になると、1番登場する巻きものです。 これから、食事会

Tetsuko Kuroyanagiさん(@tetsukokuroyanagi)が投稿した写真 -


コメントを読むのを楽しむ黒柳さんが愛おしかったという滝川さん。今年で83歳になった黒柳さんも利用することで、「それぐらいインスタグラムは浸透してきました。いろんな方がメディアになって自分が伝えたいことを伝える。そのためにインスタグラムは大事な役割を持っているとひしひしと感じます」と10年前には想像もつかなかった現在の情報発信方法について熱く語った。

《五味渕秀行》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)