写真家・稲田美織が12年に渡り伊勢神宮を撮影…“式年遷宮”の儀式に焦点を当てた写真展開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

写真家・稲田美織が12年に渡り伊勢神宮を撮影…“式年遷宮”の儀式に焦点を当てた写真展開催

ライフ 社会

雪の伊勢神宮 内宮参道  (Sando, Naiku)
雪の伊勢神宮 内宮参道  (Sando, Naiku) 全 4 枚 拡大写真
写真家・稲田美織による、伊勢神宮の“式年遷宮”の儀式に焦点を当てた写真展「常若(とこわか): 伊勢神宮“式年遷宮” と サステナビリティ」が、17年1月7日から15日まで、東京・渋谷区神宮前のA-Galleryにて開催される。

稲田美織は1991年に写真家としての活動を開始し、01年に世界貿易センタービルで起こったテロの一部始終を目撃したことを機に、平和への鍵や人類がどこに向かうのかを探求して世界各地の聖地・巡礼地の撮影を開始。テロから4年後の05年より伊勢神宮の撮影を行い、その自然、儀式、祭りを通じて、日本人の心の原点を見つめてきた。16年5月の伊勢志摩サミットで発表された写真集『Ise Jingu and the Origins of Japan』は、海外メディアなどにも配布され好評を博した。

同展では稲田が12年以上もの間、撮り続けていた伊勢神宮の写真を出展。伊勢神宮の神域を流れる五十鈴川の美しい水の循環や、伊勢神宮で1300年に渡り20年ごとに執り行われてきた「式年遷宮」の儀式に焦点を当て、日本人の心の原点や、現代の私たちが求めているサステナビリティ(持続可能性)のヒントを探る。

【展覧会情報】
「常若(とこわか): 伊勢神宮“式年遷宮” と サステナビリティ」
会場:A-Gallery
住所:東京都渋谷区神宮前5-18-8
会期:17年1月7日~15日
時間:12:00~18:00
会期中無休

伊勢神宮式年遷宮の写真展で日本人の原点を見つめ直す、写真家・稲田美織が12年に渡り撮影

《HEW》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)