「セルフでクルマ探し」できるお店に…WOW!TOWN大宮がリニューアルオープン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「セルフでクルマ探し」できるお店に…WOW!TOWN大宮がリニューアルオープン

イベント 試乗会

WOW!TOWN大宮がリニューアルオープン
WOW!TOWN大宮がリニューアルオープン 全 4 枚 拡大写真
IDOMは19日、同社が運営するWOW!TOWN大宮をリニューアルオープンした。WOW!TOWNは IDOM(旧ガリバーインターナショナル)が2012年7月より運営するテーマパーク型クルマの大型展示場だ。

来店者にウインドウショッピングのようなクルマ選びを体験してもらうため、 ギャラリー、シアター、ガジェット、比較展示、シーン演出、クルマ検索端末等、 自由に楽しくクルマ選びができる機能やコーナーを設けている。同社はこのビジネスモデルで総来場数2万5000組の顧客との接点を獲得し、総販売台数3000台の実績を上げている。

WOW!TOWN大宮でスタートさせるあたらしいコンセプトについて広報セクション小林さんは、「クルマの購入を検討し始めたらまず行ってみよう、と思われるような店舗作りを目指しました」という。

まず行ってみようと思われるための価値とは何なのか。「その疑問に対して、 私たちは『本当に自分に合ったクルマを、自分で探せるお店』だと考えました。自分が想像していた 以上の車、自分が思いもよらなかったようなクルマ、自分が思い描いていたようなまさに理想のクルマ。 そのどれもが見つかるお店ができたらどんなに素敵なことか。しかも、自分で気軽にクルマ探しができる。その思いの中で辿り着いたのが『セルフでクルマ探し』という考えです 」と説明する。営業マンによる煩わしいセールストークがない、のびのびと自分のペースでクルマ探しができるクルマ屋さん。地域のお客様から選ばれる販売店を目指したいという。

デザイン/使い方/買い方の視点から、クルマ探しをサポートするサイネージ、展示場のクルマ探しや比較ができるiPadアプリ、帰宅後もクルマ探しの続きができるスマホ/PCのマイページ、その体験のどれもが、自分に本当に合ったクルマを、自分で探すための手助けをする仕組みだ。

《中込健太郎@レスポンス》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)