“宇宙デブリ”を除去する実証実験、「こうのとり」6号機が開始 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

“宇宙デブリ”を除去する実証実験、「こうのとり」6号機が開始

新着 技術

宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機
宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機 全 2 枚 拡大写真
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機を使って「宇宙ごみ」(スペースデブリ)を除去する実証実験を開始した。

「こうのとり」6号機は、国際宇宙ステーション(ISS)から分離後、大気圏再突入までの約1週間を使って、テザーの伸展と電流駆動を軌道上で実証するHTV搭載導電性テザー実証実験(KITE)を実施する。

地球の軌道上には大量の宇宙ゴミがあり、衝突による軌道上環境悪化を防止するためには、大型宇宙ごみの除去が求められている。

実験では、「こうのとり」に搭載された保持放出機構から約20kgのエンドマスを放出し、エンドマスに搭載されたリールから700m級テザーを伸展して電流駆動の軌道上実証を行う。実証で将来デブリを除去するための導電性テザー設計に必要な特性を取得することで、大型デブリの除去にかかる要素技術を習得し、宇宙活動の安全確保に寄与する。

実験終了後、「こうのとり」6号機は軌道離脱マヌーバを行って2月6日午前0時06分頃に大気圏に再突入する予定。

宇宙デブリを除去する実証実験、「こうのとり」6号機が開始

《レスポンス編集部@レスポンス》

関連ニュース