ライザップトレーナーの知られざる苦労…一人ひとりに寄り添うために | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ライザップトレーナーの知られざる苦労…一人ひとりに寄り添うために

スポーツ まとめ

ライザップトレーナーの知られざる苦労…一人ひとりに寄り添うために
ライザップトレーナーの知られざる苦労…一人ひとりに寄り添うために 全 10 枚 拡大写真
2012年2月に1号店をオープンして以来、「結果にコミットする。」をコンセプトに一世を風靡してきたRIZAP株式会社(以下、ライザップ)。

ライザップが多くのジムと異なる点のひとつは、一人ひとりに専属のトレーナーがつくことだ。ゲストの身体の状態などを、ひとりのトレーナーが詳細に把握することで、ゲストに合わせたプログラムを毎回提供することができる。

苦しい時に勇気づける言葉のかけ方、できなかったことができるようになった時の賞賛の方法などを心得ているライザップトレーナーたちの存在は、慣れないトレーニングで心が折れそうになったゲストたちには心強い。

また、ダイエットに停滞期はつきもので、停滞するタイミングで不安になる人もいるという。この場合にも、きちんとトレーナーはメンタル面でケアをしていく。ライザップトレーナーになるための研修活動には、心理学の研修などゲストの精神的ケアに関する内容も含まれている。

「例えば、食事報告の際にごまかしてまう人も出てきます。そういったことが起こらないように、不安なときでも報告しやすい環境を普段から整えていきます」とライザップトレーナーの鈴木那智さん。

コーチングトレーナーの鈴木那智さん


マンツーマンでゲストに寄り添うことをコンセプトとしているライザップ。ゲストの目標達成に全力を注ぐ。一筋縄ではいかないダイエットだが「必ず結果をだします」という。

また、体型への悩みとして、数々の自己流のダイエットに挑戦し失敗してきた方も多いという。一人で行うダイエットに限界を感じ、ライザップの門をたたく人も多くいることだろう。

今年で 5 年目の節目を迎えるライザップ。上海・シンガポール・台北・香港にも店舗を運営している。海外ならではのトレーナーの苦労もある。

「基本的に同じプログラムを展開しているため、日本同様、ご満足いただいております。海外と日本では食文化が異なることもあるので、トレーナーは食事例などを提案するために、現地の食材などを使ったメニューの研究もしているようです」とのこと。

徹底したマンツーマン指導を提供するライザップ。優秀なトレーナーたちはライザップの大きな資産だ。ゲスト一人ひとりに合った指導を行うため、トレーナーたちは日々自分を磨いている。

《大日方航》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)