【WBC2017】侍ジャパン、投打でイスラエルを圧倒…6連勝で決勝ラウンド進出決定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】侍ジャパン、投打でイスラエルを圧倒…6連勝で決勝ラウンド進出決定

スポーツ 短信

侍ジャパン、投打でイスラエルを圧倒(2017年3月15日)
侍ジャパン、投打でイスラエルを圧倒(2017年3月15日) 全 1 枚 拡大写真
「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)第2次ラウンドE組の試合が3月15日に東京ドームで行われ、野球日本代表・侍ジャパンはイスラエル代表と対戦。8-3で完勝し、決勝ラウンド進出を決めた。

この試合では昨日のキューバ戦で決勝の犠飛を放って勝利に貢献した内川聖一(ソフトバンク)が5番一塁で今大会初の先発出場。7番には鈴木誠也外野手が入った。

日本の先発は千賀滉大投手(ソフトバンク)。初回、先頭のフルド外野手に安打を浴びるも、後続を併殺打に打ち取り立ち上がりを無失点で切り抜けると、その後は5回まで1安打の好投を披露。

一方、打線は3回裏、指名打者・山田哲人(ヤクルト)のこの日2本目の安打を足がかりに2死一、二塁の好機を作るも、内川が内野ゴロに終わり好機を逸する。

試合は5回まで0-0で進んだが、均衡が破れたのは6回裏。主砲・筒香嘉智外野手(DeNA)がセンターへソロ本塁打を放って待望の先制点。これで一気に火がついた侍打線は、その後も坂本勇人内野手(巨人)の安打などで走者をためると、松田宣浩内野手(ソフトバンク)が適時二塁打、小林誠司捕手(巨人)が適時内野安打を放ち3-0。さらに菊池涼介内野手(広島)にも適時打が飛び出すなど打者一巡の猛攻で5-0とリードを広げた。

攻撃の手を緩めない日本は8回裏、1死一、二塁の好機を作ると、内川がレフトへ適時二塁打を放って2点を追加。さらに松田にも適時打が飛び出し8-0とした。

投げては、千賀の後を受けた平野佳寿投手(オリックス)、宮西尚生投手(日本ハム)、秋吉亮投手(ヤクルト)が無失点でつなぎ、最終回は牧田和久(西武)がイスラエル打線につかまり3点を失うも逃げ切った。

日本は1次ラウンド、2次ラウンドを通じて怒涛の6連勝。決勝ラウンド進出を決めた。

《浜田哲男》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)

{literal}
{/riteral}