永原和可那、松本麻佑組が41年ぶり金 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

永原和可那、松本麻佑組が41年ぶり金

スポーツ 短信

バドミントン世界選手権の女子ダブルスで、日本勢で41年ぶりの金メダルを獲得し抱き合って喜ぶ永原和可那(右)、松本麻佑組=5日、中国・南京(共同)
バドミントン世界選手権の女子ダブルスで、日本勢で41年ぶりの金メダルを獲得し抱き合って喜ぶ永原和可那(右)、松本麻佑組=5日、中国・南京(共同) 全 1 枚 拡大写真
【南京共同】バドミントンの女子ダブルスでともに22歳の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が5日、中国の南京で行われた世界選手権の決勝で前回準優勝の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)に2―...

[続きを読む]

永原、松本組が41年ぶり金

《共同通信》

この記事の写真

/

関連ニュース