稲村亜美、騎乗姿で「太ももヤバい」…マカヒキ応援プロジェクトに参加 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

稲村亜美、騎乗姿で「太ももヤバい」…マカヒキ応援プロジェクトに参加

イベント 文化

凱旋門賞Live Paint~墨絵士×透明人間~に登壇した稲村亜美(2016年9月27日)
凱旋門賞Live Paint~墨絵士×透明人間~に登壇した稲村亜美(2016年9月27日) 全 31 枚 拡大写真
タレントの稲村亜美さんが9月27日、東京の有楽町駅前広場で行われた「凱旋門賞Live Paint~墨絵士×透明人間~」にMCとして登壇した。

本イベントでは、毎年10月の第1日曜日にフランスで行われる世界最高峰の競馬「凱旋門賞(GI)」に出場する日本馬・マカヒキの応援プロジェクトとして、気鋭の墨絵アーティスト・西元祐貴さんが墨絵でライブパフォーマンスを行なった。

パフォーマンス前には、同じくMCとして登壇したお笑いコンビ・TIMのレッド吉田さんとゴルゴ松本さんに、「稲村さんが来たら神スイング、見たいですからね」と無茶振りされ、野球歴9年の“神スイング”を披露。完璧なスイングに会場はどよめいた。


また、凱旋門賞にも出場経験のある等身大のオルフェーヴルの模型にまたがり、神がかった騎乗姿を披露した。

「太ももヤバいです。中腰をキープするのがつらくて、ジョッキー(騎手)の方はすごいなと思いました」

普段からランニングで鍛えている稲村さんも疲れた様子を見せた。

《山本有莉》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)