キヤノンMJ、Jリーグに「来場者受付管理ソリューション」を試験導入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

キヤノンMJ、Jリーグに「来場者受付管理ソリューション」を試験導入

新着 技術

キヤノンMJ、Jリーグに来場者受付管理ソリューションを試験導入
キヤノンMJ、Jリーグに来場者受付管理ソリューションを試験導入 全 3 枚 拡大写真
キヤノンマーケティングジャパンは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に、イベント来場者の受付作業をスマート化する「来場者受付管理ソリューション」を試験的に導入した。

来場者受付管理ソリューションは、2016年より毎年12月に開催される「Jリーグアウォーズ」に試験導入された。Jリーグアウォーズは、監督・選手・関係者・ファンが集う大きなイベントで、1年の中でもっとも多くのVIPが来場するイベントのため、受付作業の効率化が課題となっていた。その解決策として、ハンディターミナル(ST-300L)が使用された。

従来のVIP受付では、招待者リストと招待状を受付担当者が照合し、招待客に席番号が記載された券を渡していたが、受付で多くの時間を要していた。今回、試験導入した来場者受付管理ソリューションは、招待状に予め4桁の番号を印字し、携帯情報端末に受付担当者が番号を入力して受付作業をすることで、作業時間の短縮を図った。さらに、カードプリンターで印刷した席番号入りのオリジナルカードを渡すことで体験価値を高めている。

来場者受付管理ソリューションは、ポータブルなシステム構成を採用し、会場の制約を受けづらく、機材の設置・運搬の負担も軽減できる。受付管理に使用するハンディターミナル(ST-300L)は、片手での操作性を向上し、長時間利用時でも疲れにくい軽量ボディーを採用している。

《美坂柚木》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)