信号機に捕まらず東京を走破するマラソンイベントに30名が挑戦…アディダス「GREEN LIGHT RUN TOKYO」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

信号機に捕まらず東京を走破するマラソンイベントに30名が挑戦…アディダス「GREEN LIGHT RUN TOKYO」

イベント スポーツ

信号機に捕まらず東京を走破するマラソンイベントに30名が挑戦…アディダス「GREEN LIGHT RUN TOKYO」
信号機に捕まらず東京を走破するマラソンイベントに30名が挑戦…アディダス「GREEN LIGHT RUN TOKYO」 全 15 枚 拡大写真
アディダス ジャパンは、東京の街をノンストップで42.195km駆け抜ける前代未聞のフルマラソン「GREEN LIGHT RUN TOKYO」を2017年3月10日(金)に開催した。

「GREEN LIGHT RUN TOKYO」は、東京の街の中を信号機に捕まらずノンストップで走破するフルマラソンだ。同社初の試みとなるシティランニングにフォーカスした新店舗「アディダス ブランドコアストア 原宿」のオープンを記念して開催された。

ナビタイムジャパンとの共同開発により、100基以上に上る信号のサイクルやタイミング、走行ルート、安全性等の計算・試走・調整を繰り返し、ノンストップで走ることが出来るスペシャルランニングコースを2コース用意。総勢180名の応募の中から選ばれた30名のランナーは、3月10日(金)未明から明け方にかけて、東京を代表する名所が組み込まれたコースに挑戦した。

42.195kmのフルマラソンコースと女性限定10kmコースの2コースで行われた今回のマラソンは、ペーサーから遅れたり、赤信号で止まってしまった場合は、その次点で脱落となるため、待ち受ける信号をかいくぐるべく、序盤から緊迫した雰囲気が漂った。

数時間が経過すると、「止まれば失格」のルールがランナーたちを追い詰めていく。赤信号に捕まらないようにするプレッシャーや普段走らないようなルート、通常のマラソンとは違う感覚に苦戦しながらも、ランナーは全員で励まし合いながらゴールを目指した。

ゴール地点には「アディダス ブランドコアストア 原宿」があり、先頭でゴールテープを切り、フィニッシュしたランナーたちは同店の最初のお客となる権利を手に入れた。店舗内には、リカバリーの軽食が用意され、ランナーたちは完走の喜びを分かち合った。

アディダス ブランドコアストア 原宿の所在地は、東京都渋谷区神宮前4-31-10 ワイ・エム・スクウェア原宿1F。営業時間 11:00~20:00。不定休。adidas Runners of Tokyoの活動やオリジナルランニングMAPの紹介などのランニングサービスを提供する。

《美坂柚木》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)