長谷部誠がヒザを手術、フランクフルトは「長期離脱」と発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

長谷部誠がヒザを手術、フランクフルトは「長期離脱」と発表

スポーツ 選手

長谷部誠 バイエルン・ミュンヘン戦でヒザを負傷(2017年3月11日)
長谷部誠 バイエルン・ミュンヘン戦でヒザを負傷(2017年3月11日) 全 2 枚 拡大写真
ドイツ・ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトは3月18日、日本代表MF長谷部誠がヒザの手術を受けることになり、長期離脱すると発表した。

長谷部は11日に行われたバイエルン・ミュンヘンとのブンデスリーガ第24節に出場した際、ポストに激突して脛を6針縫うケガを負っていた。試合後に更新したインスタグラムでは、「大した事はありません。一連のプレイは自分のミスからだったので自業自得です」とつづり練習も再開していた。

だが、その後の検査で当初の見立てよりも悪化していることが判明。チームドクターとの話し合いにより手術が必要と判断した。

フランクフルトの公式日本語ツイッターは、「膝の状態が思わしくない為、来週中にも手術に踏み切る事になりました。長期離脱となる見込みです。早期回復を!お大事に、長谷部選手!」とチームの決定を伝えた。


長谷部の長期離脱にファンからは、「お大事にしてください」「代表にもEL争い中のチームにも痛い。とは言え無理はしてほしくないので回復を待っています」「日本代表にとって主将の離脱は痛い」「代表やクラブ云々より長谷部の選手生命のためにもしっかり治してほしいね」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)

{literal}
{/riteral}