渡辺喜美前代表、離党勧告「やれるものならやってみろ」…国民は「見苦しい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

渡辺喜美前代表、離党勧告「やれるものならやってみろ」…国民は「見苦しい」

ライフ 政治

9月24日、みんなの党役員会にて、渡辺善美前代表からの事情聴取をする方向に固まった。路線問題話し合いの27日、両院議員総会前に行なうこととなった。

浅尾慶一郎代表は渡辺氏の離党勧告の検討も視野に入れている。それに対し渡辺氏は、24日TBSラジオで「やれるものなら、やってみろ」と発言した。

この一連の騒動に国民は、

「売り言葉に買い言葉、勧告すれば…」
「渡辺さんのやりたいようにやってきて、仲間も増えてきたけど、途中からは完全に与党の方にしか向かなくなり、トドメは「8億借りて熊手を買った」とかなんとかのお金の問題。」
「いつも思うんだが、 国の為にも国民の為にもならないこんなくだらない事をやる時は報酬返金してからやって欲しい。」
「見苦しい!子供の喧嘩やん!」

などの冷ややかな反応を見せている。

《》

関連ニュース

編集部おすすめ