富士スピードウェイでママチャリ7時間耐久レース 1330チーム、2万4100人が来場 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

富士スピードウェイでママチャリ7時間耐久レース 1330チーム、2万4100人が来場

イベント スポーツ
富士スピードウェイで「第8回ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催
富士スピードウェイで「第8回ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が開催 全 6 枚 拡大写真
静岡県小山町の富士スピードウェイは1月10日、カゴ付きの買い物用自転車(ママチャリ)による耐久レース「あさひスーパーママチャリグランプリ 第8回ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」を開催。参加1330チーム、2万4100人が来場した。

同大会は2008年から開催され、SUPER GTなどの自動車レースやイベントの舞台となっている全長4563mの国際レーシングコースを使用。午前8時にスタートしたレースは大会新記録の51周(232.713km)を走破した「キクミミモータース もきゅ」が4連覇を達成した。

レースの順位を上げようと懸命に走る人、おそろいのチームウエアに身をつつんで走る人たち、コスプレなどのパフォーマンスでアピールする人、親子で走る人。参加者は思い思いの参加スタイルで1日を楽しんだ。

大会終了後は、レーシングドライバーの平川亮が国内最速のフォーミュラカー「スーパーフォーミュラ SF14」を、山下健太がワンメイクレース「インタープロトシリーズ」のレーシングカー「Kuruma」をそれぞれデモランで披露した。

《五味渕秀行》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ