【ウェアラブルEXPO15】グンゼ、機能性に優れた導電性ニット | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ウェアラブルEXPO15】グンゼ、機能性に優れた導電性ニット

ウェアラブル 国内

ウェアラブルエキスポ15 グンゼ
ウェアラブルエキスポ15 グンゼ 全 9 枚 拡大写真
グンゼは、1月14日から16日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ウェアラブルEXPO」にて、柔軟性や快適性、洗濯耐久性など機能性に優れた導電性のニットを出展した。

出展ブースでは、導線性ニットを織り込むことで電気を通す、発熱&着圧ソックスなどが来場者の注目を集めていた。わずか数秒で暖かくなることに加え、柔軟性・伸縮性やフィット性にも優れており、まさに次世代のニットといえるだろう。導線性ニットを肌着や靴下へ搭載できることを示すためのデモンストレーションも実施されていた。運動など激しい動きへの対応も考慮されていて、担当者「心拍数を計測できるシャツなどへの採用も期待している」とのこと。

また、信州大学との共同開発による有機導電性ニットも展示。有機導電性の繊維は、導電性のある高分子を繊維化しており、従来の導電性繊維と比較して洗濯耐久性に優れているという(樹脂自体が導電性であるため)。また、人体に対して安全な材料であり、尚且つ軽量。装着型デバイスへの活用も期待できるようだ。2015年度中に、肌着・ストッキング形状のスマートテキスタイル製品の開発を目指しているという。

その他に展示されていたのが、筐体そのままタッチセンサー。これは、プラスチック樹脂に直接電極を形成した静電容量タッチ入力デバイスで、3次元形状に電極形成が可能というもの。検知電極付き基板を貼る必要がなく、省スペースで軽量なのが特長。また、指以外に、水分・導電性材の検知ができるため、おむつ漏れの検知や近接センサなどに活用できるという。

グンゼといえば、肌着やストッキングに代表されるアパレル事業が有名で、編み・織り・染色などの繊維加工技術に定評がある。一方で、タッチパネル事業により培った電子回路形成や表面加工技術も保有しており、それらは多くの電子部品メーカーに採用されている。今回出展されたウェアラブル素材は、グンゼならではの技術の結晶。今後もウェアラブルに新しい価値をもたらしてくれそうだ。

《浜田哲男》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)