デサント、第3四半期決算…日本の減収減益を補って余りあるアジアの好調 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

デサント、第3四半期決算…日本の減収減益を補って余りあるアジアの好調

新着 ビジネス
デサント アンダー ザ サン
デサント アンダー ザ サン 全 5 枚 拡大写真
デサントが発表した、2015年3月期第3四半期(2014年4月1日から12月31日)短信によると、売上高は863億円(前年同期比13.7%増)、営業利益は53億円(同47.7%増)、経常利益は57億円(同47.6%増)、純利益は41億円(同51.1%増)とした。

通期業績予想は、売上高1230億円(同11.9%増)、営業利益80億円(同27.6%増)、経常利益82億円(同23.4%増)、純利益54億円(同20.8%増)とした。

同社は、中期3か年契約「Compass 2015」の達成に向け、海外事業の拡大と国内事業の再建に向け施策を実施。海外においては、4月にマーケティング拠点となる香港支店を、欧州では「デサント」の事業強化を目的とした欧州リエゾンオフィスをスイスに設置した。

2015年1月には「デサントグローバルリテール株式会社」を設立し、リテール分野の強化体制を構築した。

商品政策では、アジア地域で商標を有する「ルコックスポルティフ」「アリーナ」、日本と韓国で商標を保有する「アンブロ」で、地域のパートナー企業と連携を深め、ブランドの世界観をグローバルで統一する「ワングローバルブランド」の推進を継続している。

広告宣伝、販促活動では「アンブロ」でオフィシャルサプライヤー契約を結ぶJリーグ「ガンバ大阪」が3冠を達成。「FC東京」を運営する東京フットボールクラブと2015年シーズンからのオフィシャルサプライヤー契約を締結した。

こうした施策の結果、日本では消費税増税などの影響で減収減益となったが、アジアが大きく増収増益、北米も好調に推移した。

《編集部》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ