アディダス×オーティーエイチ、18世紀にアメリカを往来したカナダ人から着想を得たスニーカー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アディダス×オーティーエイチ、18世紀にアメリカを往来したカナダ人から着想を得たスニーカー

新着 衣類
「アディダス コンソーシアム」と「オーティーエイチ」とのコラボレーションによるスニーカーが発売
「アディダス コンソーシアム」と「オーティーエイチ」とのコラボレーションによるスニーカーが発売 全 31 枚 拡大写真
アディダス コンソーシアム(adidas Consortium)が4月25日、カナダのセレクトショップ「オーティーエイチ(OTH)」とのコラボレーションによるスニーカー「チューブラー モカ ランナー(Tubular Moc Runner)」(1万6,000円)を発売する。

オーティーエイチの15周年を記念したプロジェクトの一環となる同スニーカー。18世紀から19世紀初頭にかけて、徒歩とカヌーによりネイティブアメリカンと交易所の間を往来していたフランス系カナダ人の商人、“ヴォワヤジェールス(Voyagurs)”からインスピレーションを得て制作された。その土地固有のものから得た多くのアイディアを様々なスタイルに用いてきたという、彼らの伝統的要素をアディダスのスニーカーに取り入れている。

トゥボックスにはスムースプレミアムブラックレザーを採用。一方、ウール素材を使用したアッパーには伝統的なモカシンのステッチがあしらわれた。2つに割れたシュータンも印象的。また、インソールにプリントされた凍った湖、アウトソールの青が、冬の遠征の交易路に潜む危険な湖を想起させている。

取り扱い店舗はmita sneakersやStyles DAIKANYAMAなど。

《HEW》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ