ウェアラブル2.0は「人間/車/家と、安全/認証/制御」の軸で区分…MISFIT Sonny Vu CEO | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ウェアラブル2.0は「人間/車/家と、安全/認証/制御」の軸で区分…MISFIT Sonny Vu CEO

ウェアラブル 国内
ウェアラブル2.0、「人間/車/家と、安全/認証/制御」の軸で区分できる…MISFIT Sonny Vu CEO
ウェアラブル2.0、「人間/車/家と、安全/認証/制御」の軸で区分できる…MISFIT Sonny Vu CEO 全 27 枚 拡大写真
完全防水の活動量計『MISFIT』は、4980円(税別)の新シリーズ「MISFIT FLASH」を国内に投入する。7月9日、発表会見を都内で開催した。

MISFITのSonny Vu CEOは、ウェアラブル業界の動向に言及した。






「なぜウェアラブル業界がエキサイティングか。昨今のIoT(Internet of Things)というムーブメントについては、車につけるもの、家に置いておくもの、体につけるものの3つに区分でき、体につけられるものをウェアラブルと呼んでいます」






「ウェアラブルは次のステージにあがる時期に入っています」






「ウェアラブル1.0は記録をするところに主眼を置いていました。これからのウェアラブル2.0の時代はあらゆる人に受け入れられる使い方をするというフェーズです。安全、個人認証、コントロールの3つが2.0の世界にあります」






「IDタグはディズニーなど、ペイメントはアップルウォッチなど、そしてコントロールのところでMISFITが利用されると考えています」と自社製品と他社のウェアラブルデバイスを区分した。











「コントロールの側面としてはランニングキーパーや、スマートフォンのリモートコントロール、家の電気制御などがあります」と実例を示し、MISFITがスマートフォンのカメラのリモートコントロールを行えるデモを実施した。






販売の代理店はソフトバンク コマース&サービスが担当する。会見に登壇した速水大輔氏は「MISFITはとにかく軽い、スリムなので運動していても気にならない、デザイン性などが優れています」と利用した感想を話した。






「FLASHについては、通常のソフトバンク店舗に加えまして、cococaというよりファッショナブルなチャネルで展開します」と積極展開を図る方針だ。










「販売開始は7月30日、価格は4980円(税別)です」とした。

《土屋篤司》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ