【ホンダ 歩行アシスト 発表】モーターなどの軽量化で念願の実用化 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ホンダ 歩行アシスト 発表】モーターなどの軽量化で念願の実用化

新着 技術

ホンダ 歩行アシスト 装着の様子
ホンダ 歩行アシスト 装着の様子 全 2 枚 拡大写真
ホンダは7月21日、歩行のリハビリを支援する「Honda 歩行アシスト」を11月から病院やリハビリ施設などを対象に国内でリース販売すると発表した。

初年度450台の販売を計画している。3年契約で月間のリース料金は4万5000とし、これには年1回の保守点検とリハビリ担当者2人を対象とする講習費用を含む。ホンダは1999年に歩行アシストの研究に着手、2010年からは京都大学大学院との共同開発体制としてきた。

13年から全国約50の医療施設などで先行活用してもらい、改良を重ねた今回の製品に結びつけた。ホンダ汎用パワープロダクト事業本部の開発責任者である伊藤寿弘氏によると、「開発では軽量化が大きな課題であり、モーターとギアの改良やバッテリーの技術進化で推進できた」という。02年の試作機ではバッテリーを含み16kgもあった装着時重量は、今回2.7kgとなった。

脳卒中の後遺症やパーキンソン病などによって歩行のリハビリが必要な人は国内で約40万人に及ぶという。また、この歩行アシストは、特定の病気でなくても歩行困難になっている高齢者への活用も見込まれる。現在は対象外だが、将来は介護保険の適用も期待できそうだ。

《池原照雄@レスポンス》

関連ニュース

編集部おすすめ