フィットビット、大人の体力測定で体力づくりの大切さをアピール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

フィットビット、大人の体力測定で体力づくりの大切さをアピール

イベント スポーツ
フィットビット、大人の体力測定で体力づくりの大切さをアピール
フィットビット、大人の体力測定で体力づくりの大切さをアピール 全 3 枚 拡大写真
フィットビット・ジャパンは、10月4日・5日に東京・マルキューブで「Fitbit大人の体力測定」と「Fitbit Charge HR体験イベント」を実施した。

大人の体力測定と体験イベントは、「フィットビット・スポーツデー・キャンペーン」の一環として開催された。体力測定では、バックスクラッチ、椅子で体前屈、ヒザ立ち腕立て伏せ、モモ上げの4種目の実技テストの結果を入力し、年相応の体力があるかどうかを判定。期間中に500名以上が参加した。

体力測定の結果、20代~60代前半の参加者の75%以上がA判定(実年齢より7歳以上若い)、またはB判定(4歳以上若い)となった。参加者は、「思ったより判定結果が良くて嬉しかった」「実年齢より高い年齢だったので健康意識を高めていきたい」など体力測定を楽しんだ。体力測定はフィットビット公式Facebookページでも公開しており、自分で測定できる。

大人の体力測定を監修した筑波大学スポーツ医学の田中喜代次教授は、体力測定イベントには体力に自信のある人が参加しやすく、このような結果になる傾向があると前置きし、「運動を定期的に続ければ1年後の体力は大きく向上しているはずです。一方で体力年齢が実年齢より若かった方も、運動不足生活を続けると体力は一気に落ちるケースが出てきます。体力づくりに努めることで老化速度は確実に抑制されます」とコメントした。

フィットビット・ジャパンは、11月中旬まで同キャンペーンを実施。11月14日まで東京・麹町のランナーズサテライトJOGLIS(ジョグリス)で「Fitbit Charge HR無料貸し出しキャンペーン@JOGLIS」を行う。「Fitbit Charge HR体験イベント@JOGLIS」は、10月12日にJOGLIS東京、10月31日にJOGLIS大阪で開催される。

【Fitbit大人の体力測定】2015年10月4日(日)~5日(月)の2日間にフィットビットが実施した体力測定をご案内します。実技テストの内容は、1.バックスクラッチ、2. 椅子で体前屈、3. 膝立ち腕立て伏せ、4. もも上げ、の4種...

Posted by Fitbit Japan on 2015年10月8日

《美坂柚木》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ