小山薫堂の初プロデュース飲食複業店「ビームス ジャパン」が新宿にオープン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

小山薫堂の初プロデュース飲食複業店「ビームス ジャパン」が新宿にオープン

ライフ 社会

ビームスが日本の様々なコンテンツをキュレーションして提案する「ビームス ジャパン」を東京・新宿にオープン
ビームスが日本の様々なコンテンツをキュレーションして提案する「ビームス ジャパン」を東京・新宿にオープン 全 2 枚 拡大写真
ビームス(BEAMS)が4月28日、日本の様々なコンテンツをキュレーションして提案する「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN」)」(東京都新宿区新宿3-32-6)を東京・新宿にオープンする。

これまでファッションのみならず、アートやカルチャー、音楽や飲食など、生活にまつわる様々な分野において独自の視点から提案を行ってきたビームスは、創業40周年を迎える今年、日本のモノ・コト・ヒトをキュレーションするプロジェクト「BEAMS “TEAM JAPAN”」をスタート。総合アドバイザーである放送作家で脚本家の小山薫堂のもと、日本の様々な魅力を国内外に発信していく。

今回オープンする「ビームス ジャパン」は、同プロジェクトの発信拠点となるもの。地下1階から5階までの各フロアにて、“食”、“銘品”、“ファッション”、“コラボレーション”、“カルチャー”、“アート”、“クラフト”といったカテゴリー別に様々な商品を展開する。そのうち地下1階には、ビームスの店舗では初となるレストランが登場。日光金谷ホテル協力の元、小山薫堂がプロデュースするクラフトグリルが、同ホテルの歴史あるメニュー「百年ライスカレー」を始めとした“日本の洋食”を提供する。1階では、伝統工芸品や日用品、食品など日本各地の銘品を販売。スペシャルティ珈琲専門店を展開する猿田彦珈琲による珈琲スタンドも併設される。

2階では、日本の物づくりのこだわりが息づく、メンズ、ウィメンズのカジュアルウエアを展開。選りすぐりの国内ブランドによるアイテムや、1月に行われたメンズロンドンコレクション公式スケジュールで発表したビームスのオリジナルアイテムなどが取りそろえられる。また、3階では国内外のブランドにビームスが特別にオーダーしたアイテムを展開。4階ではトーキョー カルチャート by ビームスがセレクトするポップカルチャーやファインアートなどを楽しめる。

5階には、“日本のアートと民藝”をテーマに1998年から続くビームスのギャラリー「B GALLERY」を併設。オープン初日より元ブランキー・ジェット・シティの浅井健一のエキジビションを開催する。また、「fennica」が手仕事やファッションを独自の視点で掘り下げる新プロジェクト「fennica STUDIO」も始動。ウエアや器、布などを販売する他、各種イベントやワークショップなども実施する。

また、同ビル内の6、7階には、メンズドレスレーベル「ビームスF」の単独店舗が「ビームスF 新宿(BEAMS F SHINJUKU)」がオープン。高品質なオリジナルアイテムから、注目のインポートブランドまで幅広いラインアップで展開される。

小山薫堂の初プロデュース飲食複業店「ビームス ジャパン」が新宿にオープン。日本カルチャーを発信

《HEW》

関連ニュース

編集部おすすめ