ハリルホジッチ監督、ポスト・イットブランドのアンバサダーに就任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ハリルホジッチ監督、ポスト・イットブランドのアンバサダーに就任

新着 製品/用品
ハリルホジッチ監督、ポスト・イットブランドのアンバサダーに就任
ハリルホジッチ監督、ポスト・イットブランドのアンバサダーに就任 全 5 枚 拡大写真
スリーエム ジャパンは、サッカー日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏がポスト・イットブランドのアンバサダーに就任したと発表した。

ハリルホジッチ氏がサッカー指導の場でポスト・イット イーゼルパッドを愛用していることがアンバサダー就任の決め手になった。

ハリルホジッチ氏はポスト・イット製品の「イーゼルパッド」「強粘着モバイルメモ」「強粘着ノート」をベスト3に選んだ。イーゼルパッドは合宿や遠征先に必ず持って行くという。トレーニング前に戦術を確認し、徹底するために使う。その日のプログラムを書いて食事室やマッサージルームに貼り出し、理解度を上げている。

強粘着モバイルメモは、ポケットに入れて持ち運び、思いついたらすぐに書くために使用。試合中や試合を観戦している時は、アシスタントが話したことをすべてメモ。強粘着ノートは色分けをして使っている。ピンクは重要、至急な内容を書き、ブルーは選手に関すること、イエローはスタッフやメディカルスタッフへのメッセージを書いている。

ハリルホジッチ氏はアンバサダー就任にあたり、「目指すサッカーに到達するためには、情熱と理念、考えつくした上での戦略・戦術が重要です。「考える」ためには、まず「アイディアを書き出すこと」がとても大切です。「書いて共有すること」で、全員が一丸となり、更なるステージに到達できるものと考えています。サッカーファンの皆様にも、ぜひ「書き出すこと」からはじめて、次のゴールを目指していただきたい」とコメントしている。

《美坂柚木》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ