インスタグラム「投稿順」から「興味・関心度が高い順」に変更 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

インスタグラム「投稿順」から「興味・関心度が高い順」に変更

ライフ 社会

Instagram
Instagram 全 2 枚 拡大写真
 ソーシャル・ネットワーキング・サービスのInstagramは現地時間2日、タイムラインにアルゴリズムを導入し、これまでの投稿順(時系列)から、ユーザーの興味・関心度が高い順にタイムライン表示がされるよう変更したことを公式ブログ上で明らかにした。

 アルゴリズム導入については、今年3月の時点で明かされていたが、ついに今回実施の運びとなった。Instagramをよく利用するユーザーや、他のユーザーをあまりフォローしていないユーザーは、タイムラインが現行の投稿順でもそこまで大きな問題はないかもしれない(もしかすると、現行のままの方が良いかもしれない)が、そこまで頻繁に利用しないユーザーや多くのフォローをしているユーザーにとっては、なかなか見たい情報にたどり着けないという難点がある。Instagramはこの点について調査結果を公表しており、タイムラインが投稿順に並んでいる場合、ユーザーは投稿の70%を見逃してしまっていたが、アルゴリズムを導入するとこうした問題がなくなり、コメント/Likeの数が増えたそうだ。

 タイムラインの表示順に関しては、FacebookやTwitterでも多くの議論がなされてきた歴史がある。Instagramが今回導入した興味・関心度によるタイムライン表示順は、Facebookが「ハイライト」という表示方法で提供しているほか、Twitterも今年2月から「重要な新着ツイートをトップに表示」をデフォルトで提供する形で導入している。今回のInstagramの変更はユーザーからどのように評価されるのだろうか。なお、公式発表によれば、今後数カ月間かけて全ユーザーに変更を加えていくとのことだ。

Instagram、「投稿順」から「興味・関心度が高い順」に変更

《Tsujimura@RBBTODAY》

関連ニュース

編集部おすすめ