藤光謙司、リオオリンピック陸上200mファイナリストへの挑戦…単独インタビュー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

藤光謙司、リオオリンピック陸上200mファイナリストへの挑戦…単独インタビュー

スポーツ 選手

リオデジャネイロ五輪陸上短距離200mで日本代表に内定された藤光謙司(2016年7月12日)
リオデジャネイロ五輪陸上短距離200mで日本代表に内定された藤光謙司(2016年7月12日) 全 8 枚 拡大写真
ケガに悩まされ、「オリンピックに縁のない人間なのか」と思ったこともあった。しかし、30歳で初めて五輪への切符を手に入れた。

リオデジャネイロ五輪陸上短距離200mで日本代表に選ばれた藤光謙司選手。

最初に五輪を意識した2008年は日本選手権決勝で故障、2012年は同選手権前に足を痛めた。国内での大一番で結果を残せず涙を飲んだ。

そして2016年。6月26日に名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで行われた日本選手権は記念すべき第100回大会。男子200m決勝の第4レーンに藤光選手は立った。すでに派遣標準記録は突破していたが、優勝してリオデジャネイロ五輪への切符をつかみとろうと走った。しかし、最終コーナーを抜けると左足に異変を感じた。結果は6位に終わった。

左太ももを負傷したが、リオデジャネイロ五輪までに回復の見込みのある軽度のものだったため、日本代表として内定を受けた。藤光選手は内定当日にツイッターで、「本来ならもっと誰もが納得していただける形で選ばれたかったので悔しい思いはあります」と報告している。

だが、ようやく手に入れた夢の舞台への挑戦権。7月12日に味の素ナショナルトレーニングセンター陸上トレーニング場で練習する藤光選手を訪ね、当時の心境や現在の状態、五輪への想いを聞いた。


藤光謙司選手

---:リオデジャネイロ五輪の日本代表内定おめでとうございます。

藤光謙司選手(以下、敬称略):ありがとうございます。

---:まず、日本選手権で左太ももを痛めてしまいましたが、当時の状況を振り返ってどんな気持ちだったでしょうか?

藤光:レース中、スタートから50m~70mのところで足に違和感が出て、最後まで走り切ったのですが、何かしら足に異変が起きたとわかった。終わった直後に医務室に運んでもらい触診で診察をして、検査をしないとわからない状況。とりあえず検査をして、現状を把握して、というのがレース直後の状況でした。

オリンピックのかかったレースで自分の今の状況と結果と、全部を受け止めきれないところもあったので、その時に何を考えていたかと言われるとちょっと整理できない。複雑な思いもあったので、なんとも言えない気持ちでした。

---:頭によぎったものはありましたか?

藤光:選考がどのようにされるのかわからなかった。しっかり勝って決めたいというのが一番だったので、それがまずできなかったことが悔しかったですし、僕は今までオリンピックに巡り合わせがよくない競技人生を歩んできている。前回(2012年ロンドン大会)、前々回(2008年北京大会)の両方ともケガでダメだったので「またか」という気持ちが正直、頭をよぎったかな…。

---:足の状況を教えてください。

藤光:順調に回復しています。幸いそこまでひどいケガではなく軽いものだったので、最初の1週間は安静に。また再発しないように修復しなければいけない期間は回復に努めて、しっかり練習を積んでいければ…という段階。ケガ自体はかなり修復して練習も始めています。今は慎重にならなければいけない時期なので様子を見ながら、できる範囲のトレーニング。十分、リオまでには間に合うペースで来ているのかなと思います。

---:現在はトレーニングはどこに重点を置いていますか?

藤光:今はしっかり体を回復させることを最重点に置いて、再発しないように体の使い方のところを中心にトレーニングを積んでいて。ケガした部分に負担がかからないように体が使えるよう、体の中心をできるだけ使って動かせるトレーニングを組んでいます。



---:リオデジャネイロ五輪の内定が決まった時の心境は?

藤光:自分も周りも、納得できる形でオリンピックをすっきり決めたかった気持ちがあった。正直、すっきりしない気持ちが自分のなかにありましたし、正式に発表があった際も精密検査の直前で、かなり複雑なメンタル状況だった。嬉しい気持ちもあったのですが、モヤモヤした気持ちもあって。素直に喜べないところはあったのかな。

---:最初にどなたに日本代表内定の報告しましたか?

藤光:報告というか、発表を受けてそのまま精密検査だったので(笑)。報告するとかそういう状況ではなくて、ただ発表があった直後にコーチ(安井年文氏)や大学時代の監督、いつもお世話になってる方々に電話をいただいたり、お祝いのメッセージをもらいながら、あとは自分の体の状況がどうなのかを確認しに行かなければいけない状況。

嬉しい反面、複雑な気持ちのまま精密検査に向かったので、報告とかは特に頭によぎらなくて。現状を把握して、今の自分にできることは1分1秒を無駄にせずにいい状態でリオを迎えること。それが一番やらなくてはいけないことと思ったので、そっちの方が(報告よりも)先に浮かんでしまいました。

---:周りの反応はどうでしたか?

藤光:もちろん喜んでくれましたし、ただ足のほうをみんな心配してくれて。『おめでとう、だけど足は大丈夫?』っていうコメントも多くて、周りのみんなも素直に祝福できないというか、言いにくい状況でした。僕も複雑でした。

【次ページ 200mで注目してほしいところ】
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《五味渕秀行》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)