ボクシング世界チャンピオン・井岡一翔「自分の強さを、成長を感じたい」…ライフスタイル、競技について聞く | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ボクシング世界チャンピオン・井岡一翔「自分の強さを、成長を感じたい」…ライフスタイル、競技について聞く

スポーツ 選手

井岡一翔 参考画像(2015年9月27日)
井岡一翔 参考画像(2015年9月27日) 全 5 枚 拡大写真
現WBA世界フライ級王者のプロボクサー、井岡一翔(かずと)選手。2011年2月に国内史上最速となる7戦目で世界チャンピオンに輝いたのを皮切りに快進撃を続け、2015年4月には世界最速となるプロ18戦目での三階級制覇を成し遂げた。

ボクシング界で注目され続ける逸材は、リング外では試合で見せる鋭い表情は消え、おだやかな口調で話す27歳だ。これからの試合も気になるが、世界チャンピオンは日々をどのように過ごしているのだろうか。井岡選手のライフスタイル、好きなファッション、音楽、そして今後のプランを聞いた。

井岡一翔選手

---:ボクシングを始めたきっかけは何ですか?やはり元世界二階級王者である叔父の井岡弘樹氏の存在が大きかったでしょうか?

井岡:そうですね。それがやはり一番影響としては大きかったですね。始めたのは中学1年です。

---:それまでほかのスポーツはしていましたか?

井岡:野球もサッカーもしていましたね。

---:ボクシングを始めてから、どんな選手に注目していましたか?

井岡:身近に叔父さんがいた。僕がボクシングを始めた頃には現役を引退していましたが、残っている映像で観ていました。国内で試合をした日本の世界チャンピオンの方の試合を観ることもありましたが、目が行くのは海外の選手が多かったですね。

---:印象に残っている海外の選手は?

井岡:ここ最近ですと、フロイド・メイウェザー選手ですね。

井岡一翔選手 (c) Getty Images

■休日はボクシングのことは考えない

---:ボクシングは年間で数試合しか行いませんが、普段はどのような生活をしていますか?

井岡:普段はトレーニングの積み重ねですが、体を休めたりケアもします。食事に関してもそうですが、すべてが今のボクシングに通じるものがある。ほとんどの時間はボクシングという職業に費やしている感じ。

---:週に休みは?

井岡:日曜日は休んでいます。

---:体のトレーニングのほか、メンタルを鍛えるためにしていることはありますか?

井岡:すべてが気を抜けないので、気持ちのメリハリだとか、オンオフの切り替えも大事だと思う。これをやると決めたことは、練習以外でもそうですが、やると決めたことはしっかり一日のスケジュールのなかでやっていく。それが僕は大切だと思います。

---:オンオフという言葉がありましたが、休日はどのように過ごしていますか?

井岡:休日はボクシングのことは極力考えずに、試合から離れている時は買い物に行ったり映画を観たり、自然と触れ合ったり。ボクシングから離れたことをしますね。

---:趣味はショッピングだそうですが、今欲しいものはありますか?

井岡:今は欲しい時計があって、それを買おうかなと思っています。

---:時計はたくさん持っているのですか?

井岡:21歳でチャンピオンになれた時から時計はいろいろ買いました。今はシックで歴史のある、歳をとっても着けられる時計を好むようになりましたね。

---:買おうと思っている時計のブランドは?

井岡:AP、オーデマ ピゲです。

【次ページ リングに上がった瞬間に会場と一体化したい】
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《五味渕秀行》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)