暑苦しさ全開! ロバート秋山、アーモンド農園男で再生130万回超え | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

暑苦しさ全開! ロバート秋山、アーモンド農園男で再生130万回超え

エンタメ 動画

ロバート秋山クリエイターズ・ファイル“アーモンド農園男”
ロバート秋山クリエイターズ・ファイル“アーモンド農園男” 全 4 枚 拡大写真
ロバート秋山のクリエイターズ・ファイルに、また新たな映像が加えられた。この秋の“ロバート秋山メイク映像”には、クリエーターの域を超え、国境を超え、プランテーションを営む褐色の農園男の“生き様”が描かれている。

「ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル」はこれまで、トータル・ウェディング・プロデューサー、インターナショナル洋酒バイヤー、アース・フォトグラファー、株式会社コンプリートアースOPS ジェネラルリーダーなど、新進気鋭クリエーターの世界観を、ロバート秋山流の表現で展開してきた。

今回は、時代をリードするクリエーターの域を超え、秋山得意の褐色とマッスル感を全面に押し出した“アーモンド農園男”をリアル再現。

ストーリーは、おいしくて上質なアーモンドを求めて世界中を駆け回るメーカー開発担当女性と撮影スタッフが、とあるアーモンド農園を訪ねるという設定。プランテーションを思わせる農園で撮影班を待っていたのは、“伝説のアーモンド”を手がけるジョージ・ヴァンダム。

ダイジェスト映像では、大切にする家族を紹介するシーンが映る。「長男はレイモンド」「次男がファーモンド」「三男はリーモンド」「四男はアーモンド」ときて、「アーモンドは最後の子どもと決めていた」と伝えたのに、「でも5人目ができた」とジョージ。“モンドつながり”で名付けてきた子どもたちの名前、はたして五男の名前は……!?

撮影現場は、南米などの高地かと思いきや、実は“都内某所”。「ことし8月に撮影した」(撮影スタッフ)ということで、実際の酷暑に加え、ロバート秋山の“暑苦しさ”がさらにジリジリ……。

このダイジェスト映像、10月時点ですでに再生回数130万回を突破。このジョージの真相すべてが映る本編が存在し、ダイジェスト映像のなかにその視聴方法が描かれている。

《大野雅人》

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)