香川真司が2ゴール、1アシスト…76秒間の2ゴールはCL最速記録 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

香川真司が2ゴール、1アシスト…76秒間の2ゴールはCL最速記録

スポーツ 短信

香川真司(左から2人目)が2ゴール、1アシストの活躍(2016年11月22日)
香川真司(左から2人目)が2ゴール、1アシストの活躍(2016年11月22日) 全 2 枚 拡大写真
香川真司の所属するボルシア・ドルトムント(ドイツ)は11月22日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でレギア・ワルシャワ(ポーランド)と対戦した。先発出場した香川は2ゴール、1アシストの活躍で8-4の勝利に貢献している。

19日のドイツ・ブンデスリーガ第11節から、スタメンを9人を入れ替えたドルトムント。香川が先発で出場したほか、長く戦列を離れていたマルコ・ロイスも復帰した。

先手を奪ったのはワルシャワ。ヴァディス・オジジャのパスを受けたアレクサンダル・プリヨヴィッチがシュートを放つと、これがゴールに吸い込まれ先制点をもたらす。

ホームで先制されたドルトムントの反撃は香川からだった。ウスマン・デンベレが上げたクロスを頭で押し込み同点に追いつく。香川がCLでゴールを挙げたのは2011年11月23日のアーセナル戦以来、約5年ぶりとなる。同点ゴールから76秒後、香川は再びデンベレのパスから勝ち越し点を奪った。

その後は両チームが激しく打ち合う展開になるも、ドルトムントは復活したロイスがハットトリックの活躍を見せて大勝。両チーム合計12得点の乱打戦を制している。

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)