「面接や印象に差がでる」湘北短期大学&コロンブス、シューケア特別講義 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「面接や印象に差がでる」湘北短期大学&コロンブス、シューケア特別講義

イベント 文化

湘北短期大学総合ビジネス学科とコロンブスの「シューケア特別講義」(12月15日)
湘北短期大学総合ビジネス学科とコロンブスの「シューケア特別講義」(12月15日) 全 4 枚 拡大写真
「シュッシュッシュッ」「うわーすごーい」と教室にブラシの音と学生の驚く声が響く…。湘北短期大学とコロンブスは12月15日、総合ビジネス学科「社会文化論」の授業で、“足元のメンテナンス”について座学と実技の講義を展開。学生たちにシューケアの大切さを伝えた。

授業の冒頭、総合ビジネス学科の小森潔教授は「この社会文化論の授業では、ビジネスの第一線で活躍するプロを呼び、より魅力的な自分になるために、あらゆる角度から自分を磨くスキルを身につけたい」と学生たちに語る。今回は“靴磨き”を学ぶ特別講師として、コロンブスの小高公次氏、井上頼太氏、野田悠紀氏を迎えた。

座学で小高氏は、就職活動を来年に控えた学生たち36人に「面接官がどこを見るか」について伝えた。

「100社の人事部面接官に『面接官がどこを見るか』についてアンケートを取ったところ、1位が髪型だった。次に表情、姿勢、靴、スーツ、ワイシャツ、ネクタイという順位になった。ここで注目してほしいのは、上位3つは体に直接かかわる身だしなみ。4位から下は身につけるもの。その身につけるもののトップが、靴。さらにスーツやワイシャツ、ネクタイはクリーニングなどができるが、靴は自分で磨くもの。実はこの靴磨きで、面接や印象に差が出る」


入社10年目の井上氏と、今年入社したばかりの野田氏は、実技でブラッシング、クリーニング、クリーム塗布、磨き、防水スプレーなどの大切さについて学生たちに教えた。

「ブラッシングが最も大事な作業。クルマの排気ガスやアスファルトのタールなどで染み付いた油汚れは、汚れ落とし剤で取る。下地作りもポイント。クリームは革の色に近い色を選び、少量を薄く伸ばしていく」

「靴専用の防水スプレーが、実は面接や打ち合わせなどで意外と重宝する。予期せぬ大雨や雪の日などに、防水スプレーをしっかりかけておけば、足元の心配も減る。濡れた足元で、面接に挑んでも集中できない」

学生たちは、ブラッシング、スプレー、クリーム塗布などを実践。靴用クリーム(55g)を手にして「これ値段はいくらぐらいですか?」と質問する学生に、「これね、家族全員で使っても、だいたい一瓶を使い切るのに1年ぐらいかかる。それで800円」と伝えると、学生たちはみなそろって「えーっ!」と驚き、パチパチパチと拍手。まるで通販番組のようなワンシーンが教室で起こっていた。

《大野雅人》

関連ニュース

編集部おすすめ