「軽くてフィット、外れない」4人のプロスケーターがBONX Gripを試す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「軽くてフィット、外れない」4人のプロスケーターがBONX Gripを試す

ウェアラブル 国内

ウェアラブルトランシーバー BONX Gripの一般販売記念ローンチパーティー(東京・台場、12月19日)
ウェアラブルトランシーバー BONX Gripの一般販売記念ローンチパーティー(東京・台場、12月19日) 全 8 枚 拡大写真
「アウトドアスポーツに最適な新しいBluetoothヘッドセット」というキャッチで12月15日に一般販売が始まった「BONX Grip」。その使いやすさ、フィット感を試すタッチ&トライが東京・台場で12月19日に行われ、プロスケーターによるデモや開発陣のプレゼンなどが行われた。

雪山から日常まで、手軽にグループ通話を楽しめるBONX Gripは、スマートフォンとBluetoothで接続し、通話相手のスマートフォンまでは携帯電話3G/4G/Wi-Fi経由でつながるというもの。携帯電話の電波が入るところであれば、距離・天候・移動速度などを問わず、どんな状況でも「まるで隣にいるかのように仲間と会話ができる」(同社)という。

開発は、東京・駒沢を拠点とするBONX。代表取締役の宮坂貴大CEOは、「長野の雪山にこもってスノーボードに明け暮れた人」という、根っからの“スノボ狂”。そこから生まれたBONX Gripだからこそ、雪のない都内でのデモンストレーションは、横乗り系のスケードボードというわけだ。

その最大の特徴は、2つのマイク(デュアルマイク)によるデジタルノイズキャンセリングと、他社通話アプリ比20%というバッテリー消費量の小ささ。

冷たい海風のなか、会場のH.L.N.A スカイガーデン・スケートパークに上田豪氏、戸枝義明氏、清水葵氏、佐川海斗氏の4人のプロスケーターが登場。実際にBONX Gripを装着し、華麗なライドを見せてくれた。彼らはともに「軽くてフィット。激しい動きでも耳から外れないし、付けてる感じがない」と印象を伝え、デモンストレーションライドを終えた清水プロは、この新しいアイテムについてこう語った。

「これを装着して、ちょっと遊んでみたら、すばらしくて。従来のトランシーバーとかは電波の届く距離が限られていたけど、これは距離は関係ない。世界中どこにいても通話ができる。このBONX Gripがこれからの世界標準になってくれれば、日本人として、スケーターとして、うれしい。世界中の誰もがこのBONX Gripを耳につけているような時代になるように、応援していきたい」


BONX Official Brand Video from BONX Inc. on Vimeo.


《大野雅人》

関連ニュース

ブランドコンテンツ(PR)