JAXA、全長9.54mの小型ロケットを打ち上げへ 1/11 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

JAXA、全長9.54mの小型ロケットを打ち上げへ 1/11

新着 技術

SS-520 4号機
SS-520 4号機 全 1 枚 拡大写真
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小型ロケット「SS-520-4号機」を1月11日7時20分~8時50分、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝属郡肝付町)で打ち上げる。

今回のSS-520 4号機打ち上げは、民生技術を用いてロケット・衛星の開発を行い、3kg程度の超小型衛星の打ち上げを実証するもの。実験は経済産業省の2015年度宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(民生品を活用した宇宙機器の軌道上実証)の採択をうけて実施するもの。

SS-520 4号機は、全長9.54m、直径0.52mの小型ロケット。

JAXA、全長9.54mの小型ロケットを打ち上げへ 1月11日

《レスポンス編集部@レスポンス》

関連ニュース

編集部おすすめ