木村佳乃、4Kカメラに恐怖…40代は家族と「たくさん笑える時間があれば」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

木村佳乃、4Kカメラに恐怖…40代は家族と「たくさん笑える時間があれば」

新着 ビジネス

木村佳乃・アルソア化粧品「リベスト シルキーパウダーファンデーション」発表会見(2017年1月30日)
木村佳乃・アルソア化粧品「リベスト シルキーパウダーファンデーション」発表会見(2017年1月30日) 全 9 枚 拡大写真
女優の木村佳乃さんが1月30日、都内で行われたアルソア化粧品の新製品「リベスト シルキーパウダーファンデーション」の発表会見に出席。イメージキャラクターに就任することが発表された。

今年4月10日に41歳の誕生日を迎える木村さん。美肌を保っているが、「テレビが4Kとか8Kで、もう恐怖です!」と悩みを告白した。この日も4Kカメラがあることを知ると、「ドキドキ」と戦々恐々のようだった。

どんな40代になりたいかとの質問に、「おかげさまで女優というのは、その時の役柄があるので、その年齢で私が演じられる役を演じながら」と返答。

2児の母でもある木村さんは、「体力勝負のお仕事なので、健康に気を付けながら楽しくお仕事して、娘たちともたくさん笑える時間があればいいなと思います」とコメントし、プライベートにも話が及んだ。

美肌をキープしながらも、4Kカメラには戦々恐々!?

3歳と5歳の子供は、「お化粧ごっこ」をしたがるという。木村さんは「気が付いたら私の顔が真っ赤」と愛娘との微笑ましいエピソードを明かした。

また、同社の美容パックを愛用し、日頃からのスキンケアを大切にする木村さんは、「緑色のパックをしているのを見ると、『超人ハルクだ』って喜ぶんです」とママの顔をのぞかせた。

将来、メイクのやり方を娘に教えたいかと尋ねられると、「そんな日があっという間にくるんですかね。東京オリンピックももうすぐですかね。時が経つのってはやいですね」としみじみ。子供たちの成長に思いをはせていた。

2月1日に発売される新製品は、日本女性特有の絹のようになめらかで美しい素肌美を目指して開発されたファンデーション。

すでに愛用しているという木村さんは、「つけた時のするっと伸びる感じ、気になる部分をカバーしてくれて、つけた時の新鮮な肌をキープしてくれる。ほんとに素晴らしいファンデーションなので、ぜひ一人でも多くの女性に使っていただきたいと思います」とアピールしていた。

《桜川あさひ》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)