事故をVRで疑似体験…安全教育ソリューションをソフトバンクがJR東日本に納入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

事故をVRで疑似体験…安全教育ソリューションをソフトバンクがJR東日本に納入

新着 技術

VR映像撮影風景
VR映像撮影風景 全 2 枚 拡大写真
ソフトバンクは、東日本旅客鉄道(JR東日本)にVR(バーチャルリアリティー)技術を活用した安全教育ソリューションを開発し、2月にJR東日本の東京総合車両センターへ納入することで合意した。

今回納入する安全教育ソリューションは、車両の点検・整備作業などを行う車両センターなどで、作業中に発生し得る接触や転落などの事故を想定して実際に撮影したVR映像を視聴・疑似体験できる。これによって作業品質の向上と事故発生の防止につなげる。

ソフトバンクは、日本のVR市場開拓とVRサービスの提供を目的に、2016年6月に「VR事業推進室」を設置した。ソフトバンクは、VR映像配信サービスのプラットフォーム構築とコンテンツ開発を推進し、法人向け、個人向けの双方の市場で新しい価値の提供に取り組んでいる。

《レスポンス編集部@レスポンス》

関連ニュース

編集部おすすめ