【津々見友彦の6輪生活】減速中の警告を明快に表示「ラピッド エックス2 キネティック」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【津々見友彦の6輪生活】減速中の警告を明快に表示「ラピッド エックス2 キネティック」

オピニオン コラム

ラピッド エックス2 キネティック
ラピッド エックス2 キネティック 全 9 枚 拡大写真
一般道路での自転車ライドはクルマと並走するので、怖いのはクルマとの絡みの事故。なので、できるだけクルマから目立つようにして走りたい。

私の場合、昼間でもフロントもライトを点滅させて走っているが、テイルランプは点灯させていなかった。が、キャットアイ(CAT EYE)からブレーキライト機能付きの画期的なテイルライトが販売された。実は以前にもブレーキワイヤーに連動し、小さなLEDが発光するブレーキライトはご紹介していたが、輝度が圧倒的に異なる。

テイルライトの名称は「ラピッド エックス2 キネティック」(RAPID X2 KINETIC [TL-LD710K])。74mmサイズの縦長で、スッキリとした美しいデザインが特長だ。

リチウムイオンポリマー充電池でUSB充電式。これに縦長の面発光LEDモジュールと3軸のGセンサーが組み合わされたハイテクなライトだ。キネティックとは“動的”を意味するもので、減速Gを感知してブレーキランプを点灯させるのだ。

減速Gを感知してブレーキランプを点灯


■ツーリングで何度も追突された

グループツーリングの際は、先頭から順に手信号で右左折はもちろん、停止の合図を出している。なので、大抵は危険なことはないのだが、突然、前で停止したりされると手信号が間に合わない。なにしろ、手信号を出すとブレーキレバーが引けないから手信号は後回しになる。で、数回追突された経験がある。

こんな時に「ラピッド エックス2 キネティック」は有効だ。軽くブレーキングすると点滅中のライトは50ルーメンの最大の輝度で約2.5秒間自動的に点灯してくれ、減速中を明快に表示してくれる。

自転車仲間はもちろんのこと、クルマに対して減速中の警告が出せるのは安心だ。

〈キット内容〉
・ラピッド エックス2 キネティック本体
・ピラー取り付け用ラバーバンド 大・小 2個
・USBケーブル

キット内容


■3種類の発光パターン

・ローモード:10ルーメンで常時点灯 5時間(使用可能時間)
・点滅:15ルーメンで点滅 30時間
・ラピッド:25ルーメンで変則点滅 16時間

いずれもブレーキランプは50ルーメンで2.5秒間点灯する。実際に使用してみるとまず、基本的な明るさが点滅モードでも15ルーメンあり、昼間でも十分認知できるが、より明るくするなら、昼間はバッテリーが消耗するものの、ラピッドモード、夜間は点滅モードが良さそうだ。

いずれもブレーキ時は50ルーメンの明るさで輝くので、明快にブレーキングしていることを後方のバイクやクルマに表示でき、安全性は非常に高い。


■テールライトの点滅と交通法規

感覚的には点滅でも同等の性能と思えるが、法的には「反射器材または尾灯が必要」とされているだけで、「尾灯」が点滅も含めるとは明記はなく、この辺りは玉虫色。現実に違反として警察官から注意される可能性はないに等しいと思われる。

キャットアイは「リアリフレクター(赤色反射器材)が付いていない自転車の場合、夜間走行時は点灯でお使いください。道交法上、点滅は補助灯としての使用に限定し、リアリフレクター(赤色)と併用してください」としているので、テープ状の赤色の反射テープなどを併用した方が無難だ。

私の写真はBD-1だが、実は荷台に赤色の反射テープを使用している。(ブルぺなどの競技では点滅モードは禁止されているので、ローモードで常灯する必要があるが、5時間の使用可能時間ではやや短いかも)


■価格も高いが高性能

輝度が高く、遠くからでも認識でき、それだけ安全性が高い。が、価格も6000円と高めだ。このシリーズは元々明るい面発光LEDを採用しているので安くはない。だが、三軸のGセンサー使用、上下どちらにも装着できる使い勝手の良さ。また、必ず減速時にしかブレーキランプは点灯しない高いクオリティでコストパフォーマンスは高い。

なので、この価格でも追突が避けられるとしたら逆にお得ともいえる。輝度が明快に変化するので、目立つのは確かだ。

高価なので自転車から離れる時には、テイルライトの盗難が不安。毎回取り外したいところ。ただ、取り付けのラバーバンドはかなりタイトなので、相当の力が必要となり、意外にも簡単には着脱できない。

なので、輪ゴム状のバンドに、指で引っ張れるリング状のリップなどをつけてゴムのリングを引っ張りやすくして欲しいところだ。(着脱しやすいと逆に盗難に遭いやすくなるのか、判断が難しいところだが…)個人的にお気に入りのアイテムだ。


「ラピッド エックス2 キネティック」
■サイズ:74.4×30.5×32.9mm
■重量:32g (本体・電池のみ)
■光源:面発光LEDモジュール
■使用電池:リチウムイオンポリマー充電池(標準充電時間:約2時間)
■使用時間: ロー 約5時間、点滅 約30時間
■ラピットモード:約16時間

《津々見友彦》

関連ニュース

編集部おすすめ