リオOP初戦敗退の錦織圭、ショック隠せず「切り替えて頑張りたい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リオOP初戦敗退の錦織圭、ショック隠せず「切り替えて頑張りたい」

スポーツ 短信

リオ・オープン初戦敗退の錦織圭(2017年2月21日)
リオ・オープン初戦敗退の錦織圭(2017年2月21日) 全 2 枚 拡大写真
男子テニスのリオ・オープンが2月21日に行われ、世界ランク5位の錦織圭は1回戦で同ランク76位のトマス・ベルッシに4-6、3-6で敗れた。1年半ぶりの1回戦敗退に錦織はショックを隠しきれなかった。

今シーズンは例年からスケジュールを変え、南米のクレーコート大会を回っている錦織。先に行われたアルゼンチン・オープンでは準優勝していた。第1シードとしてリオに乗り込んだが、ベルッシの前にストレートで敗れた。

「序盤は自分のサービスゲームは良かったがリターンゲームでミスが出てしまい、なかなかコントロールできなかった。結構大きなミスがたくさん出てしまっていた。それがなかなかコントロールできず、ラリー戦に持ち込むことが難しかった。特に1セット目の後半から、第2セットもほぼ自信を持ってプレーできなかった」

まさかの1回戦敗退を喫した錦織。これをひきずることなく気持ちを切り替えたいと話した。

「優勝を狙っていたのでショックはあるが、気持ちを切り替えて次のハードコートやマスターズで頑張りたい」

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)