ガンバ大阪・遠藤保仁の元気の素は「炊きたてのご飯」…農林水産省イベント | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ガンバ大阪・遠藤保仁の元気の素は「炊きたてのご飯」…農林水産省イベント

イベント 文化

ガンバ大阪・遠藤保仁の元気の素は「炊きたてのご飯」…農林水産省イベント
ガンバ大阪・遠藤保仁の元気の素は「炊きたてのご飯」…農林水産省イベント 全 3 枚 拡大写真
農林水産省は、2017年2月26日(日)に開催したイベント「みんなではぐくむ♪にっぽんの食」にて、ガンバ大阪 3選手の「元気めし」を紹介し、国産の農林水産物や食品のPRを行った。

「みんなではぐくむ♪にっぽんの食」は、国産の農林水産物や食品に対する消費者の理解や信頼を高めることを目的としたイベントだ。消費者に地域の農林水産物の魅力を伝えるため、全国各地で開催している。2月26日(日)は、吹田サッカースタジアムで開催された「明治安田生命J1リーグ第1節」会場にてイベントを実施した。

会場に設けられたブースでは、ガンバ大阪の遠藤保仁、今野泰幸、東口順昭の3選手が寄せ書きした元気の素となる食べ物「元気めし」について紹介。遠藤は「炊きたてのご飯」を元気めしとして挙げ、子供の頃にお母さんのおにぎりを兄弟3人で競うように食べたエピソードを披露した。

さらに、「サッカー選手となった今は、できる限り『素材の良いもの』を選んで食べるようにしています。遠征先ではその土地ならではのおいしいものを食べることが楽しみになっています」と、食の楽しみも明かした。

今野は、元気めしとして「うなぎと餅」を紹介。チームメイトに出身地である宮城の名物「ずんだ餅」を勧めていると語った。東口は、何種類かの味噌やにんにく、鰹節、鶏挽肉などが練りこまれた「力士味噌」が元気めしだと明かし、「新潟で出会って以来、夏場の食欲が落ちる時期などにきゅうりにつけて食べています。」とその食べ方を紹介した。

ブースでは、地域産品の紹介や販売も実施。また、試合前にはサポーターに向けて、3選手によるメッセージ動画がスタジアムの大型ビジョンで放映された。

《美坂柚木》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)