吉岡里帆、ドラマ『カルテット』話題シーンの本当の景色公開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

吉岡里帆、ドラマ『カルテット』話題シーンの本当の景色公開

エンタメ 芸能

吉岡里帆、ドラマ『カルテット』話題シーンの本当の景色公開
吉岡里帆、ドラマ『カルテット』話題シーンの本当の景色公開 全 5 枚 拡大写真
女優の吉岡里帆がオフィシャルブログにて3月7日(火)、TBS系火曜ドラマ『カルテット』で話題のシーンの写真を公開した。

『カルテット』に出演中の吉岡は、「あなたはまだ何も知らない」と題したブログで、ドラマ収録中の写真を公開。「カルテット第6話にて、投げられて…第7話で私が見ていた…」と綴り、吉岡演じる有朱が”投げられて意識を失った際の写真”と、”意識が戻った時に見た空の写真”を掲載した。

そして、「本当の景色。笑」という言葉とともに、宮藤官九郎演じる幹夫が”有朱を覗き込む姿”を公開。注意書きとして「注:宮藤官九郎さんはとっても優しい、人を投げる様な人ではありません。手を怪我したハンプティダンプティ」と綴り、宮藤の本当の人柄に触れた。

ブログの最後には、佐野亜裕美プロデューサーがドラマの重要なモチーフだと話していた言葉を交えて「人生には3つの坂があって、、、上り坂、下り坂、まさか。」とコメントし、「最後の嘘つきは誰か。あなたはまだ何も知らない。♪そうね~人生は~まさか~♪」と松たか子演じるが真紀が歌った歌とともに締めくくった。

ファンからは、「クドカンのビックリ顔!!」「カルテットもどうなるのか楽しみだし吉岡さんが出演ってことで倍楽しみです!」「ありすちゃんの動向に目が離せなくなっています。」「まだ何かあるんだ」などのコメントが寄せられている。

『カルテット』は、毎週火曜22時から放送。

《美坂柚木》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)