ランボルギーニ アステリオン、2025年以降に市販化か!? | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ランボルギーニ アステリオン、2025年以降に市販化か!?

新着 製品/用品

アステリオン
アステリオン 全 8 枚 拡大写真
ランボルギーニのCEO、ステファノ・ドメニカリ氏は、ジュネーブモーターショーにて、今後のエレクトリックモデルについて言及した。

CEOによれば、エレクトリックモデルは注目を集める分野ではあるが、2025年以前にEVモデルに移行することはないだろう、と語っている。

ランボルギーニは、2014年のパリモーターショーにて、2ドアスポーツのプラグインハイブリッドモデル、「アステリオン LPI940-4」を公開している。

アステリオンは、「ウラカン」の5.2リットルV型12気筒エンジンとモーター3基を搭載し、合計馬力は910ps、最高速度320km/h、最大航続距離50kmのパフォーマンスを誇るスーパーEVだ。

ランボルギーニは、SUV「ウルス」のハイブリッドモデルが予定されているが、早ければ2025年にも、この「アステリオン」がスポーツモデルのハイブリッド第一号となる可能性がある。

《Spyder7 編集部》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)