【WBC2017】侍ジャパン、キューバとの接戦を制す…2次ラウンド突破へ大きく前進 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】侍ジャパン、キューバとの接戦を制す…2次ラウンド突破へ大きく前進

スポーツ 短信

侍ジャパン 決勝犠飛の内川聖一とダメ押し弾の山田哲人(2017年3月14日)
侍ジャパン 決勝犠飛の内川聖一とダメ押し弾の山田哲人(2017年3月14日) 全 2 枚 拡大写真
「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)2次ラウンドE組の試合が3月14日に東京ドームで行われ、野球日本代表・侍ジャパンはキューバ代表と対戦。8-5で勝利した。

日本は初回、1番に戻った指名打者・山田哲人(ヤクルト)が先頭打者本塁打を放ち、幸先よく1点を先制。その後、先発の菅野智之投手(巨人)がキューバのグラシアル内野手に2点本塁打を浴びて逆転されるも、3回裏に筒香嘉智外野手(DeNA)のセンター前への適時打で2-2の同点とする。

しかし4回表、菅野が再びキューバ打線につかまる。満塁のピンチを迎えると、メサ外野手に適時二塁打を浴び再び2-4とリードを許した。それでも日本は5回裏、小林誠司捕手(巨人)が安打で出塁し、続く山田が四球を選んで好機を作ると、青木宣親外野手(アストロズ)の内野ゴロの間に1点を返し、続く筒香が再びセンター前へ適時打を放ち試合を振りだしに戻した。

その後6回に1点ずつを取り合い、5-5で迎えた8回裏、1死一、三塁の好機を迎えると代打に内川聖一(ソフトバンク)。内川は外角の変化球をうまく拾い上げると打球は右翼の深い地点まで到達し値千金の犠飛に。6-5と土壇場で勝ち越す。そしてその直後、球場のざわめきが落ち着かない中で、山田がこの日2本目となる2点本塁打を放って8-5とリードを広げた。

最終回は牧田和久投手(西武)がマウンドへ。この日3安打と当たっている先頭のアラルコン捕手から高めのつり球で空振り三振を奪うと、最後のバッターのメサも空振り三振にきってとった。

日本はこれで1次ラウンドからWBC5連勝。2次ラウンド突破へ向けて大きく前進した。

《浜田哲男》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)