すみだ水族館の春フェス…ZIP! とのコラボを“貝催”、ペンギンは泳力アップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

すみだ水族館の春フェス…ZIP! とのコラボを“貝催”、ペンギンは泳力アップ

イベント 文化

クラゲとペンギンの大型水槽で春の特別演出がスタートした「すみだ水族館」
クラゲとペンギンの大型水槽で春の特別演出がスタートした「すみだ水族館」 全 16 枚 拡大写真
ガーッ、ガーッ、ガーッ…。カラスよりも優しい声で鳴くペンギンがすいすい泳ぐ「すみだ水族館」ににぎやかな春がやってきた。3月15日から春をイメージした光の演出が、3月18日からは特別イベント「ビックリ!貝まつり~アイツもコイツも実は貝~」が始まる。

同館は3月15日、この光の演出と貝類特別展示にあわせたプレス発表会を実施。光の加減によるペンギンの瞬発力、協調性を間近に見ることができ、独特の鳴き声も聞こえた。また、期間限定特別メニューを公開、試食してみた。

◆光に反応するペンギン、鳴き声も

特別展示「ペンギンピクニック」(3月15日~5月7日)は、国内最大級といわれる屋内開放型ペンギンプールに、春を感じさせる光を投影。桜の花や緑の大地をイメージした光が、プロジェクションマッピングで映し出される。

ペンギンはその光に反応し、動きが活発になり、水の中をクイックに泳ぐ姿が見られる。光の投影時間は10時15分、14時、16時30分、18時30分の4回(各回約7分)。

プレス発表会では、暗くなるとペンギンが「ガッ」「ガーッ」と鳴く姿が見られた。担当者は「暗くなると、水面へ顔を出して『いま僕はここにいるよ』『わたしはここ』という合図を送りあう」と教えてくれた。


また、特別展示「クラゲと桜」(3月15日~4月28日)は、6階にある大型クラゲ水槽に、春の海をイメージした映像を投影。ピンク色にミズクラゲが染まり、まるで桜の花のように見える。「四方八方へ動くクラゲをジーっと見入ってしまうと、平衡感覚を失うほど。不思議な浮遊感がある」とスタッフは話していた。

◆情報番組「ZIP!」とのコラボを“貝催”

3月18日~5月7日は、日本テレビ系列「ZIP!」内の「朝だよ!貝社員」コーナーとコラボし、「ビックリ!貝まつり~アイツもコイツも実は貝~」を展開。5F「ペンギンカフェ」前には、クリオネ(ハダカカメガイ)、オウム貝(オウムガイ)、タコの仲間、イカの仲間、ホラ貝(ホラガイ)、ミル貝(ナミガイ)、ウミウシの仲間などを特別展示する。

番組に登場するキャラクター「アサリ」の着ぐるみが「アッサリと登場し、番組内に登場するキャラクターたちが、貝の魅力や意“貝”な事実について“貝”説する」という。


また、アクアアカデミーフロアでは、「ZIP!」の桝太一アナウンサーが登場するコラボレーション映像「桝太一のな~るほどマスカレッジ 特別課外授業」を上映。東京大学大学院でアサリの研究に励んだ桝アナが、「貝の意“貝”な事実について分かりやすく解説する」という。

ペンギンカフェではこのイベントにあわせて特別メニューを展開。3月15日~5月7日は、「ペンギンピクニックBOX」「さくらスムージー」「ペンギンさくら和ッフルソフト」を、3月18日~5月7日は「もな貝社員」といった期間限定メニューを展開する。ペンギンさくら和ッフルソフトは、塩バニラ味のソフトクリームのうえに、桜を想わせる白玉がアクセントにのる。いちごの酸味と相まって、爽やかな甘さが印象的だった。

《大野雅人》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)