阪神が北條史也の適時打でDeNAに勝利、両チーム先発投手が好投 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神が北條史也の適時打でDeNAに勝利、両チーム先発投手が好投

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
野球ボール イメージ 全 1 枚 拡大写真
DeNA対阪神のプロ野球オープン戦が3月18日に横浜スタジアムで行われ、阪神が1-0で勝利した。両チームとも先発投手の好投が光った。

阪神の先発は岩貞祐太。昨シーズン自身初の二桁勝利をマークして大ブレークした左腕は、キレのあるボールをコントロールしてDeNA打線を抑えていく。三回には戸柱恭孝に二塁打を浴び得点圏にランナーを背負うが、後続を断って得点は与えなかった。

岩貞は四回に迎えた2アウト満塁のピンチも戸柱を打ち取り脱出。6回、被安打4、無失点、奪三振8、与四死球2でマウンドを降りた。

対するDeNAは新加入のジョー・ウィーランドが先発。直球とカーブの緩急を利用して阪神打線を五回まで2安打に抑えた。だが六回に梅野隆太郎、北條史也に連続で二塁打を許し失点。下位打線の連打で敗戦投手になったウィーランドだが、それ以外は4回途中9失点(自責8)だった11日のロッテ戦から修正してきた。


この試合にファンからは、「岩貞は今シーズンも二桁に期待」「岩貞はストレートとチェンジアップが良かった」「ウィーランド先週とは大違いだな」「今日は投げやすそうだったね」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)