楽天・美馬学、森雄大が開幕ローテ入りへアピール…ロッテ打線を無失点に抑える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天・美馬学、森雄大が開幕ローテ入りへアピール…ロッテ打線を無失点に抑える

スポーツ 短信

ZOZOマリンスタジアム(2016年12月4日)※撮影当時の名称はQVCマリンフィールド
ZOZOマリンスタジアム(2016年12月4日)※撮影当時の名称はQVCマリンフィールド 全 2 枚 拡大写真
楽天の美馬学が開幕ローテーション入りへ不安を払拭する投球を見せた。腰痛などで調整が遅れていた美馬だが3月19日にZOZOマリンスタジアムで行われたロッテとのオープン戦に登板し、4回を投げて被安打3、奪三振4に抑えている。

美馬は二回に2アウト二、三塁のピンチを背負うが田村龍弘を三振に抑えて切り抜ける。四回も1アウト一塁からマット・ダフィーを三振、高濱卓也を内野ゴロに仕留めた。

楽天は2番手で登板した森雄大も3回、被安打1、奪三振5と好投。今シーズンから取り組んでいる新球カットボールで三振も奪っている。

開幕ローテーション入りを期待されるふたりが好投した投手陣に対して、打線はロッテ投手陣に5安打無得点に抑えられ試合も0-2で敗れた。

開幕ローテ入りへアピールした両投手にファンからは、「美馬は大事なところでの大炎上さえなければ勝ちを計算できる」「則本、岸、釜田、安楽が決まって残り2枠が森と美馬かな」「森は良いときと悪いときがハッキリしてるけど五分五分の成績は残しそう」などの声が寄せられている。

昨シーズンはキャリア最多の9勝を挙げたが防御率は4.30、負け数も9敗。何より首脳陣が期待するのは二桁勝利だ。今年こそ達成できるか。

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)