オールブラックスと日本代表テストマッチ「ライバルと認められるよう」岡村会長 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オールブラックスと日本代表テストマッチ「ライバルと認められるよう」岡村会長

スポーツ 短信

写真左が日本ラグビーフットボール協会会長の岡村正氏
写真左が日本ラグビーフットボール協会会長の岡村正氏 全 4 枚 拡大写真
ラグビーのニュージーランド代表であるオールブラックスと、日本代表の対戦が日本で開催されることが決定。5月17日に都内で会見が行われた。試合は2018年11月3日に行われる。


会見には、ニュージーランド首相のビル・イングリッシュ氏、ニュージーランドラグビー協会CEOのスティーブ・テュー氏、日本ラグビーフットボール協会会長の岡村正氏が登壇した。

オールブラックスは、5月15日時点でワールドラグビーランキング1位の強豪。日本との対戦は、2013年11月2日以来6回目となる。

岡村正会長のコメントは以下。

***

オールブラックスは2019年のW杯大会で史上初の3連覇を目指しています。その強さはもちろん、誇り高いプレー、言動、対戦相手を尊重するという素晴らしい姿勢をもったチームで、それがファンを魅了しています。

これまで日本代表は5回対戦しましたが、いずれも大敗しております。

2019年ワールドカップ日本大会で、ベスト8以上を目指す日本代表は、ラグビーのレベルアップだけでなく、オールブラックスの圧倒的な存在感、そして人気を目指して、ライバルとして認められることを目指して戦っていきます。

ラグビーW杯組み分け抽選会が終わりましたが、その直後、このような試合の決定を嬉しく思っております。

《編集部》

関連ニュース

編集部おすすめ