「喜んでいいものなのかどうか」…元巨人・鈴木尚広が1試合7盗塁の新記録?に本音漏らす | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「喜んでいいものなのかどうか」…元巨人・鈴木尚広が1試合7盗塁の新記録?に本音漏らす

スポーツ 選手

「サントリードリームマッチ2017」で1試合7盗塁をマークした鈴木尚広(2017年8月7日)
「サントリードリームマッチ2017」で1試合7盗塁をマークした鈴木尚広(2017年8月7日) 全 9 枚 拡大写真
「サントリードリームマッチ2017」が8月7日に東京ドームで行われ、山本浩二監督率いるザ・プレミアム・モルツ球団と田尾安志監督率いるドリーム・ヒーローズが対戦。夢の球宴はモルツ球団が5-4で勝利。見事に4連覇を達成した。

注目を浴びたのはドリーム・ヒーローズのメンバーとして初参戦となった元巨人の鈴木尚広。同チームの田尾監督は試合前のインタビューで見どころを聞かれると、「鈴木の盗塁日本記録」と即答。「1試合7盗塁をします。二盗三盗、うまくいけば本塁まで」と大胆な作戦を明かし、打者や守備がためでの出場を問われると、「走りだけでいきます」と明言していた。

試合を総括するドリーム・ヒーローズの田尾安志監督(左)とザ・プレミアム・モルツ球団の山本浩二監督

同試合は何回でも再出場が可能となる特別ルール。鈴木は4回に1回目の代走に送られると、すかさず二盗に成功。球場は一気にヒートアップ。その後、三盗を試みるも惜しくも谷繁元信の強肩に刺された。

しかし、同じ4回に再び代走として登場すると、今度は二盗、三盗と成功し、内野安打の間に本塁に生還した。以降も度々登場し盗塁を重ねた鈴木は、試合前の指揮官の予告通りに1試合7盗塁をマークした(プロ野球記録は1試合6盗塁)。

1試合に何回も代走として登場した鈴木は、活躍した選手に贈られるビーム賞を受賞。お立ち台で感想を聞かれると、「新記録は作りましたけど、喜んでいいものなのかどうか…」と本音を漏らし、球場につめかけたファンの笑いをさそっていた。

《浜田哲男》

関連ニュース