巨人、カミネロが打たれ敗れる…今季5敗目も高橋監督「最善策だと思ってます」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、カミネロが打たれ敗れる…今季5敗目も高橋監督「最善策だと思ってます」

スポーツ 短信

東京ドーム 参考画像
東京ドーム 参考画像 全 1 枚 拡大写真
東京ドームで8月9日に巨人対阪神戦が行われた。巨人は七回に勝ち越すも抑えのアルキメデス・カミネロが2失点。最終回に逆転を許し4-5で敗れている。

巨人は2点を追う七回に2アウト満塁の好機。ケーシー・マギーがマルコス・マテオから左中間真っ二つの二塁打を放つと、ランナー全員がホームに生還。一塁走者の陽岱鋼は最初アウトの判定だったが、ビデオ判定でタッチをかい潜っていたことが認められた。

陽の好走塁もあって逆転に成功した巨人。西村健太朗が八回を打者3人で抑え九回のマウンドにはカミネロが上がる。だが伊藤隼太をヒットで出すと、福留孝介には同点の三塁打。ジェイソン・ロジャースの犠牲フライで逆転を許した。

九回裏の巨人は三者凡退。守護神が打たれ痛恨の黒星となった。

阪神、ロジャースが土壇場で決勝犠飛…巨人は守護神カミネロが誤算

巨人の高橋由伸監督は、「いったん逆転してますから、それで逃げ切らないと」とコメント。カミネロの抑え起用に関しては、「いまの最善策だと思ってやっています」と今季5敗目も配置転換は口にしなかった。

この試合にファンからは、「カミネロは他球団に研究されてリリーフ失敗が増えたね」「福留の激走が勝利を呼び込んだ」「犠牲フライでも1点の場面であの高さはダメだ」「メジャー時代もコントロールの悪さは直せなかったからね」「抑えで5敗は覚悟すべき」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ