巨人が阪神に逆転勝ち…寺内崇幸が値千金の決勝打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人が阪神に逆転勝ち…寺内崇幸が値千金の決勝打

スポーツ 短信

東京ドーム
東京ドーム 全 1 枚 拡大写真
巨人は8月10日、東京ドームで阪神と対戦。寺内崇幸内野手が値千金の決勝打を放つ活躍を見せ、5-2で逆転勝利をおさめた。

巨人は0-2と2点ビハインドで迎えた5回裏、長野久義外野手が今季第12号となるソロ本塁打を放って1点を返すと、6回裏には走者三塁の場面で、マギー内野手が犠飛を放って同点。8回裏には走者満塁の好機を作ると、寺内が適時二塁打を放ち、4-2と勝ち越しに成功した。

投げては、3番手のマシソン投手が今季3勝目。敗れた阪神は3番手で登板したマテオ投手が巨人打線につかまり、打線は巨人を上回る9安打を放ちながらも好機を生かせなかった。

《浜田哲男》

関連ニュース

編集部おすすめ