【高校野球2017夏】広陵が終盤3発の猛攻で逆転、中京大中京は継投策が裏目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【高校野球2017夏】広陵が終盤3発の猛攻で逆転、中京大中京は継投策が裏目

スポーツ 短信

阪神甲子園球場
阪神甲子園球場 全 1 枚 拡大写真
『第99回全国高校野球選手権大会』は8月11日に4日目が行われた。第1試合では中京大中京(愛知)と広陵(広島)が対戦。広陵が粘る中京大中京を振り切り10-6で勝利している。

先制したのは中京大中京。三回に伊藤康祐のソロ本塁打、諸橋駿の適時打で2点を奪った。

試合の流れが変わったのは六回。ここまで好投していた磯村峻平を降板させ、中京大中京は1アウトから香村篤史をマウンドに上げる。代わったばかりの投手から広陵はU-18候補の中村奨成がソロ本塁打。さらに連打で2点を奪い一気に逆転した。

勢いに乗る広陵打線は七回にも佐藤勇治が2ラン。高田誠也も適時三塁打で1点を加えた。八回には中村が2ランを放ち突き放した。

中京大中京も終盤に4点を返す粘りは見せたが反撃及ばず。

この試合には「結果として継投策が裏目に出たね。監督の考えだから仕方ないけど攻略した広陵打線がすごかった」「先のことを考えるのもいいけど一戦ずつ全力でいかないとね」「6回途中で3安打の選手を変えたのが勝負を分けたね。外野守らせておけば再登板できたのに」「結果的には継投が裏目に出てしまったけど、出てきた投手を打ち崩した広陵の打線と走塁が素晴らしかった」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

関連ニュース