ペルセウス座流星群2017、見頃は8/12夜から翌明け方…西日本・沖縄で観測チャンス | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ペルセウス座流星群2017、見頃は8/12夜から翌明け方…西日本・沖縄で観測チャンス

ライフ 社会

ペルセウス座流星群2017(画像はイメージ)
ペルセウス座流星群2017(画像はイメージ) 全 4 枚 拡大写真
 ペルセウス座流星群が8月12日(土)午後9時から13日(日)明け方に見頃となる。8月10日発表のウェザーニュースの天気予報によると、北日本や東日本は雲が広がりやすいが、西日本や沖縄は晴れる所が多く、流星観測のチャンスがありそうだという。

 ペルセウス座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と並ぶ三大流星群の1つで、毎年8月12日と13日頃を中心に活動する。2017年の活動のピークは8月13日(日)午前4時ごろと予想されているが、夜明けが始まり空が明るくなってくるため、実際にはその前の時間帯がもっとも見やすい。また、電波を使って流星を解析する流星電波観測国際プロジェクトによると、見頃となる時間帯は、第1候補が8月13日午前0時~夜明け、第2候補が8月12日午前0時~夜明けだとしている。

 また、8月12日(土)は深夜に昇ってくる月が夜空を明るく照らすため、暗い流星が見えなくなってしまい、観測できる流れ星の数は少なくなりそう。見晴らしが良く空が開けた場所であれば、12日深夜から13日明け方には1時間あたり30個程度の流れ星が見えると予想されている。

 流れ星は空のいたるところに現れるため、どの方角を見ても構わない。ただし、空を広く見渡すのがポイント。広場や校庭、河川敷など視界の開けたところが観察に適している。なお、月が昇ったら、月とは反対側を見るようにするとよいだろう。

 ペルセウス座流星群の見頃となる8月12日(土)午後9時から13日(日)明け方の天気は、ウェザーニュースによると、西日本や沖縄は西から前線が近づく直前で、弱いながら高気圧に覆われるため、晴れる所が多くなりそう。一方、北海道や東北、関東、甲信、北陸など東日本は雲が広がりやすく、星空を見るのは難しそうだという。

 ウェザーニュースでは、8月12日(土)午後9時~午後11時に全国6地点から流星を同時生中継する。あいにくの天気で星空が見られなくても、気軽に流星観測が楽しめる。中継はウェザーニュースのWebサイトほか、ニコニコ生放送やYouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!などの動画サイトからも視聴できる。

 SS-1辻先生による中学受験対策&夏休みの自由研究シリーズでは、「ペルセウス座流星群」を特集。流星群が中学入試に取り上げられた事例や自由研究で記録するポイントなどを紹介している。流星の観察結果を自由研究としてもよさそうだ。

《工藤めぐみ@リセマム》

関連ニュース